日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大菩薩峠 第二部(1953)
ダイボサツトウゲダイニブミブトシマバラノマキミワカミスギノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年06月03日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

製作大川博、企画マキノ光雄、玉木潤一郎、坪井与になる中里介山原作大菩薩峠の第二部で脚色監督、撮影は夫々第一部と同じ渡辺邦男、渡辺孝である。出演者も前回と略々同様な顔ぶれで、片岡千恵蔵、三浦光子、進藤英太郎、千原しのぶ、阿井三千子など。

スタッフ

製作
大川博
企画
マキノ光雄玉木潤一郎坪井与
原作
中里介山
脚色
渡辺邦男
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
角井平吉
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

江戸を去る百六里、鈴鹿の麓で無頼の駕篭舁きから、龍之助が救った女お豊は、お浜に生き写しだった。お豊は世をはかなみ愛人真三郎と心中してしまったが、龍之助はこれを見逃して京都へ向った。当時京都の人々は倒幕と佐幕の荒波の中で刹那的享楽に走っていた。島原に売られたお松に兵馬は会ったが、龍之助の身を託した芹沢鴨は、お松に食指を動かしていた。芹沢からお松を預った龍之助の前に現われる女の幻、お浜か?突如彼は刀を抜き虚空を払う。芹沢鴨は近藤勇一味に暗殺された。--狂乱の一夜を明かした龍之助は三輪大明神の神杉の蔭で、心中した筈のお豊と再会する。龍之助は植田丹後守の許に身を寄せるが、お豊は藍玉屋の息子金蔵につけ狙われ危機に陥っていた。金蔵の謀みを知り、お豊を助けに行く目の前に七兵衛と兵馬が決闘を求めて立ちはだかった。冷笑を浮べて先を急ぐ龍之助にお豊は救われた。やがて龍之助は天誅組の一隊に加わっていた。お豊は龍之助をすてて、今は金蔵と郷里へ行く事を約していた。これを見かけた龍之助の「所詮は女心」と呟く声には冷やかな落ちつきさえあった。折も折、天誅組烽起による戦いが轟然たる火砲の響きを唸らせて展開したが、敗北の末路を辿った天誅組の姿は悲惨を極め、その中にあって戦うでもなく逃れるでもない龍之助は、絶叫するお豊の声にも気づかず、黙々と炎々たる空を見つめた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。