日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

きんぴら先生とお嬢さん
キンピラセンセイトオジョウサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年08月05日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

講談倶楽部連載「きんぴら先生」婦人倶楽部連載「お嬢さん」と鳴山草平の二つの小説より「めぐり逢い(1953)」の光畑碩郎が脚色し、「愚弟賢兄」の野村芳太郎が監督にあたる。撮影は「その妹」の森田俊保。「美貌と罪」の高橋貞二、淡島千景、「弁天横丁」でデビューした藤乃高子、大坂志郎、日守新一、高橋豊子、「妻の喜び」の小園蓉子、野添ひとみ、北龍二などか出演している。

スタッフ

製作
大町龍夫
原作
鳴山草平
脚色
光畑碩郎
監督
野村芳太郎
撮影
森田俊保
音楽
木下忠司
美術
中村公彦
照明
加藤正雄
録音
大野久男

ストーリー

静岡郊外の花水女学院に新任して来た若い歴史教師坂田金平は、きんぴら先生とあだ名をつけられ、女学生間の人気者になった。彼は同じ下宿の数学教師山根五郎太や、小町先生と呼ばれている美人音楽教師の小野町子と親しくなった。小町先生を愛している山根にとって、彼女が金平に好意を見せるのは辛かったが、半ばあきらめの気持になった。三人は学校の封建思想を打破しようとして教頭の鳶野と反目する様になった。鳶野は県数育委員でPTA会長の照崎と通じて気の弱い森谷校長に何かと対抗した。やがて修学旅行の時が来て、鎌倉や東京へ行ったが、その帰途、照崎の娘で日頃我侭な振舞いの多い峰子の金が紛失し、嫌疑が葉子にかかった。彼女は貧乏で旅行に行けなかったのを、金平が教師達から寄附を募って同行させたのだ。彼女の姉の登美は金平の心の女性でもあった。帰校後、照崎との関係上教頭は強硬に葉子の処分を主張し、三人は極力反対して解決がつかないので遂にPTAの会合を開いた。ところがその最中、峰子が親友の万亀子にお金が失くなったのは嘘だと白状した為、級友一同は大喜びで会合の席に報告し、事件は解決し、明るい平和が学園を訪れたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。