日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

片目の魔王
カタメノマオウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年08月10日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

「三十三の足跡」以来の多羅尾伴内シリーズの第五作で、前四作品と高じく比佐芳武(ちゃんばら手帖)が脚本を書き、片岡千恵蔵(「大菩薩峠(1957)」)が主演している。監督は「女間者秘聞 赤穂浪士」の佐々木康、撮影は「満月三十石船」の杉田正二、音楽は「素浪人奉行」の吉村正志。主な出演者は千恵蔵の外に、「残侠の港」の徳大寺伸、花柳小菊、「大菩薩峠(1957)」の千原しのぶなどである。

スタッフ

企画
大森康正
脚本
比佐芳武
監督
佐々木康
撮影
杉田正二
音楽
吉村正志
美術
角井平吉
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

密輸船から筏に縛られて海上に放り出された相川は海上保安本部の巡視艇に救われ、謎を秘めたまま釈放されたが、直後二人の男に狙撃され、お馴染み私立名探偵の多羅尾伴内に救われた。例の密輸船の乗組員広田、寺元らは、彼等の黒幕、岡部の経営するキャバレー「シー・ホーク」に繰り込むが、丁度その時相川もシー・ホークで、ダンサー渡名喜姉妹と連絡をとっていた。突如一発の拳銃弾によって広田は殺された。折りも折り、第二の殺人予告がもたらされ、寺元が街路上に殺された。捜査を開始した市警当局は相川を加害者と断定するが、巧みな変装で常に現場附近に潜入していた伴内は、頑としてこれに反対した。伴内は捜査を続けている中に、渡名喜姉妹の告白によって、事件が「片目の魔王」という大ダイヤに関係がある事が判った。渡名喜姉妹は父の遺言で、「片目の魔王」が或孤島に隠されているのを知り、妹マサミの愛人相川は姉妹の為に、密輸船の乗組員となって「片目の魔王」を手に入れたが、広田、寺元らに嗅ぎつけられて海中に投ぜられたのだ。以上の事実から、宝石マニアの元伯爵に変装して、岡部とその妻たき子に接近する。かくして、伴内の計画により真相糺明なるかと見えた時、渡名喜姉妹と相川が、岡部と七面山荘に誘拐された。岡部等の卑劣な拷問により遂に相川は「片目の魔王」の在りかを白状した。が、この時乗りこんだ伴内と市警の応援によって、三人は救われ、岡部は逮捕された。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。