日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

君に捧げし命なりせば
キミニササゲシイノチナリセバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年08月13日 
製作会社
新映 
配給会社
北星 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

昭和十三年『文芸』に発表された故作家平林彪吉の短篇「月のある庭」を「欲望」の新藤兼人が脚色、「母のない子と子のない母と」の新人若杉光夫が共同脚色、監督にあたった。撮影は「初恋トコシャン息子」の岡崎宏三、音楽は「純潔革命」の木下忠司が担当している。「もぐら横丁」の佐野周二、「山下奉文」の宮城野由美子、山形勲、「欲望」の北林谷栄、「女ひとり大地を行く」の岸旗江、その他宇野重吉、杉村春子、滝沢修、清水将夫など新劇人が出演している。

スタッフ

製作
大塚和
原作
平林彪吾
脚色
新藤兼人若杉光夫
監督
若杉光夫
撮影
岡崎宏三
美術
藤田博
音楽
木下忠司
照明
下村一夫
録音
長岡憲治

ストーリー

新太郎はかつて腕利きの建築技師だったが、ビルマ戦線でうけた頭部銃創が因で勉強もおもうに任せず、どの入社試験にも失敗する。止むなくキャバレーに勤める妻の桂子を案じて悶々とするが致しかたもない。心痛のあげく、とある建築会社の試験で重役たちに悪どい嘲弄をうけ、ついに狂人となった。脳病院で加療させようにも資力に事欠いて、桂子は途方にくれる。桂子にすまない一念で履歴書を何枚もかき、それをもって街をさまよう新太郎。彼は至る所で物みだかい連中のサカナにされ、漸く得た仕事とはピエロ姿のサンドウィッチ・マンである。仕事をしてお金が貰える。--彼は無心によろこぶが、桂子は苦しかった。彼女は身を売って脳病院への入院費をつくろうと決心する。しかし、かねてご執心のヒゲの紳士とともに高級車に足をかけたとたん、物蔭よりふらふら立現われて「桂子、仕事をしてお金をもらったよ」とよろこぶ夫の姿を見ては、もう体も売れなかった。のこる途は、死。--翌日、桂子は新太郎をつれて新婚旅行の思い出の地、箱根へ出かける。夕陽の芦ノ湖に漕ぎ出したボートを彼女は覆えした。妻は死に、夫は気息えんえんと岸に泳ぎついた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。