日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤い自転車
アカイジテンシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月01日 
製作会社
第一全逓 
配給会社
北星 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
104分  

第一映画と全逓信従業員組合の提携作品。「真空地帯」の山形雄策、「どっこい生きてる」の岩佐氏寿の脚本によって、新人藤原杉雄が第一回の監督にあたる。監督補導は「真空地帯」の山本隆夫。「暴力の街」の植松永吉、「真空地帯」の団伊玖磨が撮影、音楽を担当する。「雲ながるる果てに」の高原駿雄、東宝第四期ニューフェイス出身(「次郎長三国志 第四部 勢揃い清水港」)の淡京子を中心に、原保美、岸旗江、薄田研二、東野英治郎、多々良純、北林谷栄、撮影中病死した沼崎勳の他、森田茂、紙透郁子など七人の職場演技者が出演している。

ストーリー

東京下町の、とある郵便局。女性の多い貯金課にあたらしく加藤はる子が加わった。職場結婚し、今は共稼ぎの黒川ふみ子は何かと仕事の手引きをしてやるが、その同僚本多ゆりは冷めたい。世間知らずの彼女は、みんなとなじまず、職場結婚の猛烈な反対論者である。はる子は、ふとしたことから局の外務(配達)員、若い古河徹と愛しあうようになる。税金の督促状と軍需株の変動から俄かに配達物がふえ、外務員の過労は目にみえてつのってゆく。井上は無理かたたって喀血し、遠山老人は自動車にはねられる。外務員増加の要望が高まるが、幹部はかえって、徹、はる子、井上の馘首を表面化した。はる子は父が失職したため、止むなく収入の多いキャバレーにつとめ、局も休みがちだったのだ。しかし、若い組合員たちの団結は三人の馘首を撤回させた。彼らの前で徹は、はる子との結婚を宣言し、みんなの祝福をうける。療養のため帰郷する井上を、今は彼にやさしい愛情を抱くゆりが見送った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。