日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若様侍捕物帳 江戸姿一番手柄
ワカサマザムライトリモノチョウエドスガタイチバンテガラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年09月07日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

関西歌舞伎の坂東鶴之助が「次郎長一家罷り通る」に次いで出演する捕物時代劇で、城昌幸の原作を京中太郎と西尾正紀が脚色し、「銀二郎の片腕」の青柳信雄が監督。撮影、音楽はともに「野戦看護婦」の山中晋、服部正が担当している。出演者は鶴之助のほか、「神変あばれ笠 前後篇」の三浦光子、進藤英太郎、徳大寺伸、「江戸の花道」の嵯峨美智子など。

スタッフ

製作
伊藤基彦松本常保
原作
城昌幸
脚色
京中太郎西尾正紀
監督
青柳信雄
撮影
山中晋
音楽
服部正
美術
川村鬼世志
照明
秋山清幸
録音
杉山政明

ストーリー

江戸欄熟の夏、浮世絵師重次は貧乏浪人の妻たかを描きたい気持に駆られ、それがならぬので柳橋の芸者小ひなを描くが、出来上った評判の浮世絵はたかにそっくりであった。重次は何者かに殺害されたので、たかは嫌疑を負わされる。目明し遠州屋小吉の注進で若様はたかが前の老中柳沢の息女である事を知り、柳沢殺害の黒幕老中秋元に事件の鍵があると睨む。将軍側室おゆらの方は、この秘密を知っていたので、秋元はたかが柳沢の息女である事が知れるのを恐れ、おゆらを殺害させるが、間一髪現れた若様は何とおゆらのひいきの歌舞伎役者水木半太夫と瓜二つ。実は半太夫こそたかの実弟で、恋人おゆらを城中に入れて亡父の仇を狙っていたのだ。しかしこの事実は一早く秋元の知る所となり、二人を仕とめるべく邸内に半太夫一座を招く。半太夫もこの際秋元を討とうと計画する。半太夫の舞台のすすむにつれて、秋元邸には刻々波欄が接近し、おゆらの前に毒の薬湯が置かれた時、現れた若様はそれと同じ手口で柳沢が殺されたのだと言い放ち、半太夫も舞台から下りて闘い、目出度く仇討本懐を遂げ、事件はここに解決する。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。