日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女の一生(1953)
オンナノイッショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年11月23日 
製作会社
近代映画協会 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Woman's Life  
上映時間
136分  

吉村公三郎、篠勝三の製作になる近代映画協会作品で、モーパッサンの同名小説の翻案。脚本(夜明け前)、監督(縮図)ともに新藤兼人の担当、撮影は「縮図」の伊藤武夫、音楽は「夜明け前」の伊福部昭。出演者は「夜明け前」の乙羽信子、山内明、日高澄子、菅井一郎、宇野重吉、殿山泰司、「東京物語」の杉村春子、東野英治郎、「健児の塔」の轟夕起子などである。

スタッフ

製作
吉村公三郎篠勝三
脚本
新藤兼人
監督
新藤兼人
撮影
伊藤武夫
音楽
伊福部昭
美術
丸茂孝
照明
河野愛三
録音
長岡憲治

ストーリー

昭和のはじめ。京都千住院の娘白川藤子は女学校を出ると牛肉屋山崎亭の真太郎と願いかなって結婚した。山崎亭の親父徳平は菊勇と春江という二人の妾をもっていた。結婚したばかりの藤子には義父母のそうした夫婦生活が納得ゆかなかった。が、間もなく夫の真太郎が女中のゆきと土蔵の中で関係したのを知らねばならなかった。藤子は既に妊娠していた。怒りと絶望で泣く藤子に弱気な真太郎はただあやまるばかりであった。この日から藤子の不幸な一生は始った。尊敬する兄政夫は社会運動で特高に引っぱられ、ゆきは大きなお腹をしたまま実家へ帰された。そして藤子は本当に産みたくない気持で真太郎の子供を産み落し、ゆきの子供も引き取って一緒に育てる決心をした。すっかり牛肉屋の若奥様になった藤子は家の切り盛りや子供の養育に夢中になっている中に、再び真太郎の放蕩は始り、祇園祭の日真太郎と情婦が重なって倒れている現場に駈けつける憂目に合わねばならなかった。それからの藤子はただ子供の成長だけを生甲斐に生き抜いた。昭和十七年夏、学徒動員。間もなく二人の子供太郎と次郎は戦場へ出発した。悪夢のような戦争は終え、山崎亭はゆきの手助けで再び開店したが、次郎は遂に帰って来なかった。しかも復員した太郎はあの同じ土蔵の中で女中を手篭にし、家出した。転落して東京でパンパンになった女中の子供を藤子は静かな諦めで引き取った。「世の中は苦労のくり返しどす」と言うゆきの傍で、藤子は子供をあやしながら、ある日は夫と、ある日は子供と歌った歌を静かに口ずさんだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。