日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

勢揃い 大江戸六人衆
セイゾロイオオエドロクニンシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月22日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

「あつぱれ五人男」「あつぱれ五人男」につづく斎藤寅次郎の江戸物パロディ喜劇。こんどは河内山宗俊である。「花の生涯」の八住利雄の脚本、撮影は「若君逆襲す」の服部幹夫、音楽は「シミ抜き人生」の加藤光男があたっている。アチャコ、伴淳、北上弥太朗、堺駿二、永田光男、益田キートン、千秋みつる、鮎川十糸子など出演者はすべて松竹京都の斎藤作品のレギュラーである。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原案
木村学司
脚本
八住利雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
服部幹夫
音楽
加藤光男
美術
川村芳久
照明
仙波正巳
録音
奥村泰三

ストーリー

河内山宗俊は、松平出羽守の行列を乱した罪で捕えられそうになった少年三吉と母のお半を助け、松平の家臣北村大膳を脅して大金を取った。お半は三年前に江戸へ出た夫片岡直次郎を探していた。涙の身上話を隣家で聞いた慌て者の魚屋暗闇の丑松は、お半らをてっきり宗俊の妻子と感違いし、宗俊に惚れている髪結おもんに告げたので、ここに一騒動あったが誤解は直ぐとけた。当の直次郎は花魁三千歳に会うため、スリまで働いている有様だった。宗俊は手切金を作るため苦心する。色好みの出羽守が質屋のアプレ娘お浪を腰元に出せと、家臣金子市之丞に命じて談判をしているのを知った彼は、お浪に首ったけの丑松をその許婚者に仕立てて出羽守の話を断り、質屋から五十両の礼金を取った。その金で直次郎と手を切ってくれと頼む宗俊に、三千歳は金には目もくれず、心で泣きつつ承知した。直次郎は妻子が来た事を知って驚いたが、今更このままでは会わす顔がない。この時お浪が出羽守の屋敷に浚われ、後を追った丑松も屋敷の牢に捕えられたと聞き、宗俊は寛水寺宮様の御使僧に化けて乗込み、二人を助け出す一幕となる。一方、三千歳に惚れている森田屋清蔵が、直次郎の仇である海賊源海屋権平である事が分り、金子や宗俊の助けを得てこれを討取り、直次郎は松平家の供頭に召抱えられ、お浪は丑松の求愛を入れ、三千歳はおもんの弟子として新しい出発をする。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。