日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

弁天横丁
ベンテンヨコチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年07月01日 
製作会社
松竹大船映画 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

東京タイムズ連載の中野実の小説を「愚弟賢兄」の椎名利夫が脚色し、「真珠母」の堀内真直、西川亨が監督、撮影にあたった。音楽は「雪間草」の万城目正。「愚弟賢兄」の高橋貞二、大坂志郎「真珠母」の水原真知子、「雪間草」の須賀不二男、宝塚から大船入社第一回の藤乃高子らの他、堀内監督との係わりで佐田啓二が特別出演している。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
中野実
脚色
椎名利夫
監督
堀内真直
撮影
西川亨
音楽
万城目正
美術
中村公彦
照明
加藤政雄
録音
熊谷宏

ストーリー

弁天横丁とよばれる山手線沿いの汚い町にある兼吉の二階に、宏と麻理の新婚夫婦が住んでいる。宏はラジオの文芸部員、麻理は日本電建の契約係という共稼ぎ。彼女は先輩大岡から画家三田がアトリエを建てると訊いて訪れた。そこで彼女は三田の描いた美人画が、戦死した麻理の兄泰夫の妻鈴子であることを知った。鈴子の父勝吉はチンドン屋だったが、みなし子の三田を引きとって鈴子と兄妹同様に育てたのである。三田も妻に死なれて幼い千恵子と淋しく暮らしていた。二人の愛情を知った麻理は結婚を勧めようとするが父義秀は鈴子を次男春二の嫁にと考えていた。そこで麻理は春二と計って大岡を彼の俄か恋人に仕立てて父に断念させた。宏のラジオに出演の小唄師匠志津江が家を建てると聞いて麻理は契約に出かけたが、志津江が宏に岡惚れしているのを知って面白くない。鈴子と三田の結婚には、昔気質の勝吉が反対する。麻理と宏は志津江の事から争い、彼女は実家に帰ってしまい、義秀は立腹して娘を離婚させると言う。そこで心配した鈴子と大岡が芝居をうち、麻理の狂言自殺を仕組み、驚いてかけつけた宏の腕に抱かれる。これに味をしめた麻理は鈴子の狂言自殺を計画し、これが見事成功して勝吉も義秀も鈴子と三田の再婚に賛成することになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。