日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

都会の横顔
トカイノヨコガオ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年07月08日 
製作会社
東宝映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「もぐら横丁」の清水宏(1)が自分の脚本で監督した、同監督東宝第一回作品。撮影は遠藤精一が担当している。キャストは「青色革命」の木暮実千代、沢村貞子、「夜の終り」の池部良、「母と娘(1953)」の有馬稲子などである。

スタッフ

製作
佐藤一郎
脚本
清水宏
監督
清水宏
撮影
遠藤精一
音楽
松井八郎
美術
園真
照明
岸田九一郎
録音
西尾浩伸

ストーリー

銀座の真ん中で泣いていた迷子のミチコのお母さんを探してやろうと、サンドウィッチマンの上田と靴磨きのトシ子は相談して、上田が連れて歩く事になったが、ミチコは上田の歩く真似をしたり仲々と手こずる。お母さんの村上アサ子はミチコの欲しがる赤い靴を探していたが、安いのをあれこれ探している中にはぐれてしまったのだ。アサ子は易者の許へ行ったり心ばかり焦っている。上田が途中出会った三等重役牧さんは女には達者な男で、今やバーのかず子と逢い引き中だが、上田からキャバレーの龍子が街角にいるのを聞くと要領よく抜けてゆく。かず子もその後河又という男を電話で呼びだしたが、街で会った他の紳士で間に合わせて、日劇へ行く。知合いの芸者み春と立話している上田から離れたミチコはこの後をつけてゆく。日劇で龍子とアベック観覧していた牧さんは、かず子に見つけられてミチコを押しつけられ、ミチコは又み春に移されて一緒に英会話教室へ勉強に行く。心配した上田とトシ子は東銀座と西銀座を探し回り、ネオンの点る頃やっと探し当てた。二人がミチコを連れていった築地署ではアサ子が万引女として調べられていた。貧しいサラリー生活の中で用意した金では、ミチコの靴を買ってやる事も出来なかったのだ。私はどんな処分でも受けるが、子供にだけはこの事を知らせたくないと、アサ子は泣いた。でも御安心なさい、ミチコは上田の背中でぐっすりネンネしてますから。夜の銀座は人で一杯である。空には明るくお月様が輝いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。