日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忠治旅日記 喧嘩太鼓
チュウジタビニッキケンカタイコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月29日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
69分  

行友李風の古い原作を、「鬼伏せ街道」の比佐(脚本構成)、松田(監督)、川崎(撮影)、深井(音楽)のグループが映画化した。脚色は「暁の市街戦」の高岩肇。「鬼伏せ街道」の片岡千恵蔵、薄田研二、原健策、上代悠司「快傑黒頭巾(1953)」の田代百合子、山口勇、「女の一生(1953)」の進藤英太郎、「浮気天国」の千石規子などが出演する。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原作
行友李風
構成
比佐芳武
脚色
高岩肇
監督
松田定次
撮影
川崎新太郎
音楽
深井史郎
美術
角井平吉
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

赤城の山篭りも情勢日ましにわるく、止むなく苦楽を共にした乾分らと袂を分ち、辛じて山を脱出した上州国定村の長岡忠治は、やがて兇状一人旅の信州路にさしかかる。街道筋権堂町の貸元山形屋藤造は近頃売りだしの御用聞き、といえばきこえはいいが、じつは百姓娘の身売りを請負う毒虫稼業の二足わらじ。折しも越後から娘お芳をつれて年貢の算段にきた老百姓喜右衛門を女房おれんともども甘言で釣り、娘と引かえに大枚百両をポンとあたえて去らせる。その帰途を乾分におそわせて金を奪いかえすやり口のあこぎさを、偶然目にした国定忠治、喜右衛門の甥に扮して山形屋に奪った金の返済をせまった。耳をも籍さない相手の態度に、勃然憤った忠治は仮面をぬいでタンカを切る。仰天した山形屋はあわてて忠治のご機嫌をとりながら、そこは曲者、ひそかに乾分をとばして衆をあつめ、ここで一番、忠治捕縛の大手柄をたてようとする。百両と娘をあたえて喜右衛門を無事に立ちかえらせたあと、風のように山形屋をとびだした忠治は、待ち構える乾分の群を縦横に斬りたてつつ、いずこへともなく姿をけした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。