日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 どくろ屋敷
ハタモトタイクツオトコドクロヤシキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年01月03日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

佐々木味津三原作の“旗本退屈男”シリーズの一で、中山文夫の脚色から「鬼伏せ街道」の松田定次が監督した。撮影も「鬼伏せ街道」の川崎新太郎、音楽は「逆襲!鞍馬天狗」の高橋半である。主演は「愛染道中 男の血祭」の市川右太衛門で、「朝霧(1953)」の宮城千賀子、「日輪」の高千穂ひづるなどが共演する。

スタッフ

企画
西原孝大森康正
原作
佐々木味津三
脚色
中山文夫
監督
松田定次
撮影
川崎新太郎
音楽
高橋半
美術
角井平吉
照明
中山治雄
録音
佐々木稔郎

ストーリー

江戸市中に娘拐いの怪事件が続くと目明し伝六に訴えられた退屈男主水之介は、妹菊路とその恋人京弥を囮に犯人一味を誘き出し、指揮をとる覆面の武士を取押えたが、何者かが手裏剣を飛ばしてその武士を殺害した。翌日、主水之介は見知らぬ娘に、兄の仇と斬りつけられ取って押えたが、それは昨夜死んだ武士大河原源一郎の妹静江だった。彼は自分が犯人でない事を説きあかして帰らせた。大河原は龍造寺の藩家老役である。主水之介は老中酒井を訪れ密かに篭造寺家内情探索の使命を受けた。そして六郎左衛門に会見したが、何故か彼と静江はこの事件から手をひいてくれと哀願するだけだった。その頃、品川には幕府御用と称する唐人船が入港していたが、船長陳と龍造寺藩の西崎との密談を盗み聞いた伝六は、陳は海賊であって、西崎と結んで同藩の財宝を狙っているのを知る。一方、六郎左衛門は主水之介を招き、藩主長門守の難病を治すため玄庵と西崎に勧められ、処女の生肝をとるため娘拐いの悪事を働かせたと打明け、蔭腹を切って命を絶った。その夜、主水之介の留守を狙った一団が菊路を拐って髑髏屋敷に消える。主水之介に非行を責められた長門守は、後事を彼に托して自害した。そして主水之介の働きによって、西崎と陳は命を奪われ、拐われていた娘たちも無事に救い出された。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。