日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

べらんめえ獅子
ベランメエシシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月29日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

「急襲桶狭間」の大森康正企画になるもので、城昌幸の『べらんめえ十万石』から「黒帯嵐」の八尋不二が脚色、「日輪」の渡辺邦男が監督した。撮影は「日輪」の渡辺孝、音楽は「北海の虎」の山田栄一の担当である。出演者は「愛染道中 男の血祭」の市川右太衛門、「北海の虎」の花柳小菊、「憧れの星座」の高千穂ひづるなどである。

スタッフ

企画
大森康正
原作
城昌幸
脚色
八尋不二
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
吉村晟
照明
山根秀一
録音
東城絹児郎

ストーリー

悪侍に追われた女白浪おれんは、危いところを夜釣りの浪人春太郎に救われた。おれんは同じお酒落長屋に住む美しい娘おあいが、突然一団の侍達に誘拐されたので、子分の半次と共に怪しいと睨んだ勾坂の屋敷に忍込んだ。そしておあいを発見したが、侍達に追われて逃げる途中だった。一目で春太郎に惚れてしまったおれんは彼に助けを求めた。次の日、春太郎は彼女と一緒に勾坂の屋敷へ行き、悠々とおあいを助け出したが、おあいと思った娘は彼女と爪二つの弥生だった。おあいはその替玉として誘拐された事を知って、春太郎は何か心に決した様子である。だがおれんは彼が弥生と日々親しくなるのを見て一人楽しまなかった。春太郎は弥生の父有賀を尋ね、彼の口から江戸家老塚越や勾坂が大炊頭の乱行に事よせてお家乗取りの陰謀を企んでいる事を知る。やがて春太郎は塚越等に近づいたが、一味は彼を若君に仕立て、大炊頭を毒殺しようとする。これを知った有賀はおれんに凡てを告げ、後事を托して死んで行く。おれんは必死の覚悟で土井邸へ乗込んだ。ところが春太郎こそ、実は家をすてていた大炊頭の実子だったのである。正体を知ってあわてふためく塚越と勾坂は春太郎の刀にかかった。淋しく恋を諦めたおれんのもとへ、春太郎は一夜一介の浪人として、せめて一日を彼女とすごす為に訪れた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。