日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続南国太平記 薩南の嵐
ゾクナンゴクタイヘイキサツナンノアラシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年02月03日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
104分  

「南国太平記」の続篇でスタッフ、キャストともに前作と同様。

スタッフ

企画
柳川武夫玉木潤一郎
原作
直木三十五
脚色
高岩肇
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
角井平吉
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

牧仲太郎の祈祷所を襲った夫八郎太と一子千太郎の安否を気遣いながら大阪蔵屋敷の調所を訪れた七瀬、綱手母子は、そこで八郎太の死を知った。同席した牧の姿に逆上した七瀬は懐剣を揮ったが取押えられて自害、綱手は牧の口添えで虎口を脱した。一方益満は富士春の家を本拠として牧の行方を探っていた。綱手は兄小太郎と再会し益満にかくまわれることになった。江戸家老調所は禁制の密貿易を行っていたが、益満の命をうけた庄吉によってその証拠を抑えられ、毒を仰いで死んだ。秘かに斉彬調伏の呪法をつづける牧の邪術のために、斉彬は病床に苦しみ、牧の師玄白斉の延命の逆法も空しく、益満が牧の祈祷所に駈けつけたとき、呪法は満願となって斉彬はついに逝去した。島津家の将来のため、一切の争いをやめて協力せよとの斉彬の遺言と、当主となった久光の英断によって島津家に明るい兆しが見えはじめた。お由羅は久光に強く非を諌められて毒を飲んで死んだ。いまは島津家のため、久光に忠節を誓う益満は、富士春の待つ江戸を指して旅立って行く。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。