日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

妻恋黒田節
ツマコイクロダブシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年02月17日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「花の三度笠」の犬塚稔のオリジナル・シナリオを「怪談佐賀屋敷」の荒井良平が監督している。撮影は「銭形平次捕物控 金色の狼」の牧田行正の担当。出演者は「怪盗まだら蜘蛛」の坂東好太郎、杉山昌三九、「雪の夜の決闘」の黒川弥太郎、富由仲次郎、「新江の島悲歌」の三条美紀、「怪猫有馬御殿」の入江たか子のほか、コロムビアの赤塚小梅、久保幸江、梅香などである。

スタッフ

企画
浅井昭三郎
脚本
犬塚稔
監督
荒井良平
撮影
牧田行正
音楽
高橋半
美術
中村能久
照明
湯川太四郎
録音
林土太郎

ストーリー

牛窓の港酒場ひさごの酌婦お絹が昔の情人と見間違えた槍持奴は、丸亀藩士酒勾小十郎の仲間銀平で、主人の供で帰国の途中だった。相撲上りのやくざ権九郎は銀平をお絹の情人と思い違えたうえに、牛窓大相撲の飛入り五人抜きに負かされたのを恨んで、銀平に斬ってかかるが、お絹は突磋に銀平をかばって負傷した。同じ夜、銀平達の泊るいかり屋へ投宿した大倉多仲以下八人連れの武家は、粗暴な態度で当り散らし、逃げ出したお絹を追って小十郎の部屋に乱入し、咎められた事から小十郎に恨を含む事となった。お絹のまごころを感じた銀平はお絹と夫婦約束をするが、これを知った小十郎はわざわざ出立を一日延ばして二人を感激させた。無法な多仲等は小十郎に喧嘩を吹っかけ、駈けつけた銀平は一同を倒すが、小十郎は既に息を引き取っていた。委細を見守っていた黒田藩の飯塚宗七郎は銀平の武勲を賞め、小十郎の槍を与えて、黒田節を謡いながら勇壮な槍踊を踊るが、銀平は自分の為に主人が一命を捨てたのを自責して、お絹に縁無きものと諦める手紙を残して去った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。