日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花祭底抜け千一夜
ハナマツリソコヌケセンイチヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年02月17日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

「娘十六ジャズ祭」の杉原貞雄製作になるジャズ喜劇で、「若様侍捕物帳 江戸姿一番手柄」の西尾正紀と賀集院太郎の脚本を、「初笑い寛永御前試合」の斎藤寅次郎が演出している。出演者はコロムビアの少女歌手松島トモ子、「初笑い寛永御前試合」のアチャコ、伴淳、金語楼、堺駿二、「娘十六ジャズ祭」の片山明彦、フランキー・堺などである。

スタッフ

製作
杉原貞雄
脚本
賀集院太郎西尾正紀
監督
斎藤寅次郎
撮影
友成達雄
音楽
原六朗
美術
加藤雅俊
照明
秋山清幸
録音
沼田春雄

ストーリー

ここ東京下町の“いろは横丁”の源七の魚屋は働きものの娘信のお陰で評判の店である。隣の八百屋善吉はキャバレーでアルバイトにトランペットを吹きながら通学する長男浩一を始め六人家族、最年少のトモ子は善吉の妹お葉の預りっ子だった。お葉はドサ廻りの女剣戟をしていたが、トモ子は烏沢商事社長の息子国隆との間に出来た子だった。二人の結婚を頑固に反対した社長も、国隆が早死した現在では、後継にトモ子の行方を求めていた。或る日トモ子は素人のど自慢大会に出場した事から、芸能社々長小池に見出され、少女歌手の名を馳せる様になったが、葉振りのよくなってきた善吉の女房おすみは隣の八百屋や善吉といさかう様になり、トモ子は却って淋しかった。久方振りに東京に舞い戻ってきたお葉の一座の伴作は、お葉の心情を知って、トモ子と会わせようと図るが、おすみが承知しなかった。しかし度重なる演奏旅行でトモ子が倒れ、重態の中で母の名を呼び続けるのを耳にし、しかも小池からは契約金を返せと迫られておすみは反省した。善吉の奔走でお葉はもとより島沢も魚屋一家も駈けつけた。かくて全快したトモ子は皆の愛情に包まれて明るく通学するのだった。勿論大好きな歌をやめることなく……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。