日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

血ざくら判官
チザクラハンガン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年03月17日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「謎の黄金島」の高岩肇の脚本を「殴り込み二十八人衆」の萩原遼が監督している。撮影は「謎の黄金島」の吉田貞次、音楽は「殴り込み二十八人衆」の山田栄一。出演者は「続南国太平記 薩南の嵐」の片岡千恵蔵、「水戸黄門漫遊記(1954)」の千原しのぶ、原健策、坊屋三郎、「第二の接吻」の三浦光子、「番町皿屋敷 お菊と播磨」の進藤英太郎などである。

スタッフ

企画
玉木潤一郎坪井与
脚本
高岩肇
監督
萩原遼
撮影
吉田貞次
音楽
山田栄一
美術
角井平吉
照明
山根秀一
録音
佐々木稔郎

ストーリー

江戸に贋小判が流通し、そのため倒産して自殺する者が続出した。金さんは同じ長屋の錺職人弥七の態度を怪んで目をつける。久しぶりで金さんが善兵衛長屋へ帰ると、そこでは芸者小春は好色な流山に追われ、弥七の娘お菊は佐渡屋の餌食になり掛っている。勘三は姉お光の愛人である佐渡屋の伜達之助の罪を負って島流しになったが帰ってみると姉は子供を生んで捨てられていた。弥七はお菊に何か秘密を打明けようとして、誰かに殺された。その屍体の背には十文字の烙印がある。何故か佐渡屋は長屋を買取って一同を迫出し、お菊を妾にしようと相模上りの角を使って脅迫する。其頃流山は錺職惣吉を誘拐し、自宅で贋金を刻ませていた。彼と佐渡屋が贋金作りの首領だったのだ。数日後惣吉の屍体が川に浮んだ。勘三は佐渡屋と争い、お光は弟を助けようとして却って佐渡屋を死なしてしまった。現場に現われた金さんは、再び佐渡屋の背に十字の烙印を見た。流山に屈している南町奉行紺野は長屋の者たちの証言を無視して、姉弟を罰しようとした時、上意書を手に現われて二人を救ったのは、町奉行遠山金四郎こと、長屋の金さんであった。弥七は島破りの罪人だったが、佐渡屋たちはそれを種に脅迫して贋金を造らせていたのである。かくて流山は捕えられ、紺野は自害して江戸に平和の日が訪れた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。