日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花吹雪御存じ七人男
ハナフブキゴゾンジシチニンオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年03月24日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

旗一兵の原案から「大阪の宿」の八住利雄が脚本を書き、「花祭底抜け千一夜」の斎藤寅次郎が監督している。撮影は「慶安水滸伝」の服部幹夫である。出演者は「花祭底抜け千一夜」のアチャコ、堺駿二、伴淳三郎、田端義夫、打田典子、「秩父水滸伝」の月丘千秋、「濡れ髪権八」の嵯峨美智子のほか、歌舞伎の中村時蔵の四男中村錦之助が出演している。

スタッフ

製作
福島通人
原案
旗一兵
脚本
八住利雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
服部幹夫
音楽
米山正夫
美術
川村芳久
照明
福田次郎
録音
杉山政明

ストーリー

造船奉行の汚職やら経済安全会の跋扈やら、昔も今も変りばえのない世の中である。ここ江戸の鉄破長屋に住む船頭の七之助、鋳かけ屋の松、髪結の新三、女形役者寿美、それに法界坊らは飲屋「かっぱ」のお富を囲んで、せめてもの辛い浮世の憂さを晴らそうとしていた。ここに働くお菊の父は仁王の兵蔵にアブナ絵を売って生計を補っているが、お菊は父がアブナ絵書きを止めて好きな絵を書いてくれるよう一生懸命働いていた。そんなお菊に新三は特別な気持を寄せていた。兵蔵は矢場を経営しながら傍ら「経済安全会」を設けて人々の金を捲き上げる悪辣さに長屋の連中からはゲジゲジの如く嫌われていたが、この度は長屋を買い取って「かっぱ」を赤線区域にするという計画を兵蔵が立てた。生活を不当に圧迫された長屋の連中とは将に一触即発の対陣。今まで風来坊のコウモリ安だけはどっちつかずに両方に顔出ししていたが、さすがに憤懣を覚え単身殴り込みを掛ける。継母に冷い仕打ちを受けたという同じ境遇に同情して流れ者の与三郎とお富は結ばれるが、お富は借金のカタで矢場の芸者に取られた。たまたま二人は逢曳の場を兵蔵の乾分に掴まった。しかし丁度現われた安と駈けつけた長屋の人々の活躍で二人は救われ、兵蔵一家は追放され、造船汚職でアブナ絵を海外に売り込もうという兵蔵の計画も挫折した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。