日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続水戸黄門漫遊記 副将軍初上り
ゾクミトコウモンマンユウキフクショウグンハツノボリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年04月13日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

「水戸黄門漫遊記(1954)」の続篇。第85号紹介の「水戸黄門漫遊記(三部作)」は第一部、第二部のみ映画になり、残りの第三部を尾崎十三雄が一部分書き変え更に新しいエピソードを加えたのがこの「副将軍初上り」である。併せて85号「水戸黄門漫遊記」紹介の訂正をしておく。スタッフ、キャストとも略前作と同様であるが、今回は音楽を高橋半(「謎の黄金島」)、美術が吉村晟に変っている。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原案
映画作家協団
脚本
尾崎十三雄
監督
伊賀山正徳
撮影
杉田正二
音楽
高橋半
美術
吉村晟
照明
山根秀一
録音
武山大蔵

ストーリー

民情視察の旅を続ける黄門様一行は女賊お蝶も加えて三州岡崎の御城下にやってきた。ところが時の将軍綱吉の生類憐れみの令が幅をきかせて城下はお犬様でてんやわんやである。黄門様一行が泊った宿の娘お光も、母お梶の愛犬が行方不明になった事を楯にとられて、町奉行榊原主膳の馬鹿弟新太郎との結婚を迫られていた。黄門様は将軍家に寄贈するお犬様を盗み出させ宿の天井裏に隠したので、町奉行は大慌てである。間もなく黄門様の仕業と嗅ぎつけ、烈火の如く怒って宿にやって来るが、黄門様は百姓親父の仮面を脱いで家老西村総太夫と奉行榊原主膳を懲しめた。 お家騒動の巻--成瀬藩の犬山城では側室お島の方が嗣子信千代君を排して我が子錦之助を立てるべく、家老黒岩伝右衛門と結び、旅役者嵐三徳、亀蔵、彦八を偽の黄門一行に仕立てて錦之助相続披露を謀った。乳母綾乃よりこれを聞いた黄門様は名古屋で逢った長吉夫婦の息子政吉を信千代君の代りにして披露式場に乗りこむ。信千代君が偽ものである事を黒岩は見破り、城中広間に大立廻りが展開されるが、助さん格さんの働きで悪人輩を絶滅する事が出来た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。