日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

宝さがし百万両
タカラサガシヒャクマンリョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月03日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「大阪の宿」の八住利雄の脚本を、「花吹雪御存じ七人男」の斎藤寅次郎が監督している。撮影は「初笑い寛永御前試合」の友成達雄。出演者は「花吹雪御存じ七人男」のアチャコ、堺駿二、益田キートン、「伝七捕物帖 人肌千両」の伴淳三郎、「落語長屋は花ざかり」の柳家金語楼、「続続続続 魚河岸の石松 女海賊と戦う」の星美智子などである。

スタッフ

製作
杉原貞雄
脚本
八住利雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
友成達雄
音楽
原六郎
美術
加藤雅俊
照明
佐藤快哉
録音
鈴木勇

ストーリー

もとは大阪のぼんぼん円吉は、家がつぶれてから病身の母おりんを連れて江戸に出た。今は左官屋として真面目に働いているが、母は死の直前に、家がつぶれる時百万両の金を地中に埋め、その地図を七福神の人形に縫いつけたが、人形は番頭佐助に持逃げされたと遺言した。喜んだ円吉が恋人お京にしゃべったのを、出牢したばかりの鷹金造り千三に聞かれる。千三は無理に片捧かついで五十万両をよこせという。インチキ祈祷師おくまもこれを耳にし、七福神の人形を探しに出かける。人形は伊豆で売ったらしいが、えびす様は駿河の人が買い、あとは全部江戸へ売れたという。苦心さんたん、足を捧に探しまわるが、江戸で見つけた六つの人形には、ついに地図は発見できなかった。残る一つは駿河国にあるえびす様。そこへはインチキ宗教のおくまが行っている。円吉と千三はあわてて駿河にかけつけ、逃げまわるおくまを追って一騒ぎしたが、地図は到頭神主にとりあげられ、人民大会を開いた結果、その金は水害で苦しめられた人を助け、治水の用に立てることに決定された。がっかりした三人は、とたんに江戸を思出し、円吉はお京のもとへ、千三はお浪のところへ、そしておくまは亭主と子供の顔見たさに、江戸を目がけて一目散……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。