日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ママの新婚旅行(1954)
ママノシンコンリョコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月18日 
製作会社
永和プロ 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

永和プロ(沼波啓陽、佐藤武主宰)第一回作品で、植草圭之助と古川良範が共同で脚本を書き、久々に佐藤武(栄冠涙あり)がメガフォンをとる。撮影は「今宵誓いぬ」の古泉勝男、音楽は「金色夜叉(1954)」の斎藤一郎が夫々担当。出演者は「唐人お吉」の山田五十鈴、「真実一路」の山村聡、「恋慕笠」の南寿美子、「伝七捕物帖 人肌千両」の長谷川裕見子、ニュー・フェイスの小沢路子、俳優座の市村雅子などである。

スタッフ

製作
沼波啓陽川井徳一
脚本
植草圭之助古川良範
監督
佐藤武
撮影
古泉勝男
音楽
斎藤一郎
美術
小川一夫
照明
沖茂
録音
中野倫治

ストーリー

農事試験場に勤めている農学博士朝倉隆三は真実に生きる事を信念として地味な研究に没頭して来た。妻絹子も二十五年間何一つ不平を云わず四人の子供を育てて来た。家計は苦しかったが借金をしてまで長女の洋子を嫁にやった。絹子の実兄鉄之助は船のコックをしていたのだが失業し朝倉家に転り込み仲々出て行こうとしない。絹子は生活が苦しいだけに兄が恨めしかった。次女の圭子は家計の苦しいのを知って修学旅行に行かないと云いだしたが、絹子はヒスイの帯止を売って旅費を作った。長男の俊次は金物屋の妹娘三枝子の家庭教師をしていたが、やがて彼女を愛する様になった。しかし、三枝子が元華族松平と親しくなるのを誤解して、俊次は三枝子との交際を断ち、他のアルバイトをしながら大学に通った。そうした或る日、隆三が洋子の夫の工場長に迎えられるという吉報がもたらされ、朝倉家はわきたった。だが隆三はそれを断った。そして家族達は怒った。俊次は憤然と家出して、次の日もその次の日も帰らなかった。長い間の疲労から隆三は急性肺炎で倒れた。久しぶりに訪れた三枝子の機転で俊次もやっと帰って来た。隆三の枕許に坐った子供達は誠実に生きた両親の二十五年間を知って涕泣した。漸く隆三も全快した或る日--今日は隆三と絹子の二十五年ぶりの新婚旅行である。俊次が廻した奉賀帖を覗き込んだ絹子の眼頭は熱かった。見送りの中には三枝子の姿も見えていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。