日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若旦那武勇伝
ワカダンナブユウデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月05日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

“スポーツ・ニッポン”に連載された鹿島孝二の原作「火炎樹」より、花と竜」の池田忠雄が脚色し、「われ泣きぬれて」の芦原正が監督している。撮影は「ひよどり草紙(1954)」の竹野治夫、音楽は「女の園」の木下忠司。出演者は「若き日の誘惑」の大木実、「快盗三人吉三」の若杉英二、草間百合子、「伝七捕物帖 人肌千両」の月丘夢路、「裸形家族」の大坂志郎、新人大原みゆきなどである。

スタッフ

製作
市川哲夫
原作
鹿島孝二
脚色
池田忠雄
監督
芦原正
撮影
竹野治夫
音楽
木下忠司
美術
桑野春英
照明
仙波正己
録音
高橋太朗

ストーリー

角丸商事の社員三森恭平は、廿八才だが立派な八字ヒゲをはやし安田課長に憎まれている。大学の恩師笠井博士の令嬢秀世から就職を頼まれた恭平は、知人猪狩の経営する京極書房に世話をした。秀世は三十才の独身で、相変らず美しかった。大川社長は恭平のヒゲを見こみ、夫人の兄の経営する東洋鍛造の経理目付として出向かせる。この会社は社長の病気をいい事に、片柳専務一派が悪事を企み、田代は角丸の安田と連絡を取っていた。恭平はスパイ扱いされ、技師長小山田だけが公平に付合ってくれた。工場一の乱暴者権という職工長は、片柳の腰巾着小島の命を受けて恭平を狙っている。ある夜恭平は猪狩とキャバレーに行き、やくざの群と喧嘩し、友人岡本は頭を殴られて負傷し、女給珠実の看護を受け、二人の間に恋が生れる。やくざの親分小仏は却って恭平の度胸を賞めて、仔分等の非を謝した。京極書房の小宮厚子、鍛造会社の三角悦子、芸者千代菊等は皆恭平に好意を持つ。岡本は珠実と結婚し、海外に職を得て出発する。彼の勧めで恭平はヒゲをそり落し、見違えるような美男子になった。乱暴者の権は彼を殴ろとして逆に叩きつけられる。田代と安田は片柳を抜いて悪事を企み、裏切られた片柳は非を悟って辞職し、鍛造会社の騒ぎは終った。厚子は恭平に結婚を求めるが、秀世に恋する彼は断る外はなかった。そして彼の切なる思いは秀世の心を動かし、二人は結婚する事になった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。