日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

殴り込み孫悟空
ナグリコミソンゴクウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月11日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

大映の孫悟空物の第三作で、今回は人間界へ降された孫悟空を扱って、「恋慕笠」と同じコンビで、八尋不二の脚本を田坂勝彦が監督している。撮影は「阿波おどり狸合戦」の武田千吉郎。音楽は灰田晴彦の担当。出演者は「妻恋黒田節」の坂東好太郎、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の灰田勝彦、中国の歌姫胡美芳、「舞妓物語(1954)」の峰幸子、「番町皿屋敷 お菊と播磨」の阿井三千子などである。

スタッフ

企画
高桑義生
脚本
八尋不二
監督
田坂勝彦
撮影
武田千吉郎
音楽
灰田晴彦
美術
上里義三
照明
島崎一二
録音
奥村雅弘

ストーリー

天上界を暴れ廻った孫悟空も、観音様に取り押えられ、下界へ追放されることとなったが、人間界に一つの幸福をもたらす迄は天国へ帰れない。人間界に降された悟空は、ある歓楽境で、悪大名九虎王の手下独角たちに借金のかたとして引き立てられ行く美少女小青を、ある美男子の姿に化けて助けた。恩人たる悟空を小青は家へ招いたが、その美貌と快腕に魅せられて悟空と寝室を共にする気になった。ところが彼女のすすめでうっかり入浴した悟空は、術が解けて猿の顔に戻ってしまい、ほうほうの体で逃げ出してしまった。次に平凡な顔の男に化けた悟空は、路上で数多の子供を連れた若い男女王信と翠玉に逢った。孤児の為に保育堂を経営していた二人は、九虎王が妾宅を構えるために家を追い出されたのである。悟空は直ちに独角を追い払い、保育堂に平和を取り戻し、相思相愛の王信と翠玉を結びつけてやったが、翠玉の妹紅玉はこの間悟空に心惹かれて行った。悟空は九虎王が地獄の大魔王紅核児であると見破った。人間は誘惑にもろいから幸福になれないということを悟空に示すため、紅核児は先づ小青を誘惑して見せ、次で紅玉をも口説こうとする。一旦は自信を失った悟空も今や猛然紅核児と秘術を尽して闘ったが、ここにはじめて観音様よりの助けを得て紅核児を倒した。今天国に戻る許しを受けた悟空は、二度と紅玉に会うことを控え、尽きぬなごりを惜しみつつ天界へと上って行くのであった。残されて涙ながらに悟空をしのぶのは紅玉である。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。