日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

昨日と明日の間
キノウトアシタノアイダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年06月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
120分  

“週刊朝日”に連載された井上靖原作の映画化。「真実一路」の椎名利夫、川島雄三がそれぞれ脚色、監督に当っている。撮影は「伊豆の踊子(1954)」の西川享。出演者は「愛染かつら(1954)」の鶴田浩二、「陽は沈まず」の月丘夢路、淡島千景、野添ひとみ、「ママの新婚旅行」の進藤英太郎のほか、入社第一回の菅佐原英一、御園裕子などである。

スタッフ

製作
山本武
原作
井上靖
脚色
椎名利夫
監督
川島雄三
撮影
西川享
音楽
黛敏郎
美術
逆井清一郎
照明
市村政次郎
録音
小尾幸魚

ストーリー

別府航路の船の中で、白戸魁太郎は自殺を計った美貌の人妻彩田萄子と知り合った。白戸には弾正れい子という鉄火肌の女があり、萄子の夫周平は関西の著名な実業家で、白戸は計画中の民間航空会社の出資者に此の人物を選んでいた。萄子は金と仕事以外目のない夫に嫌悪の情を抱き、八年来の恋人四宮乙彦を想っていた。しかし四宮は近々山谷まゆみと結婚する筈だった。白戸の新しい事業はれい子の紹介によるパイロット上りの荒木三吉、佐伯、玄公達の助力で着々と完成されて行った。萄子はれい子に呼ばれて白戸と口を聞かない事を誓わされる。が、白戸と萄子はお互いに何時か惹かれているのを感じていた。或る日、芦屋の彩田家にれい子の子分チャナ公が訪れ、香炉園の海岸で萄子はれい子にぶたれた。「白戸さんが好きです」ぶたれながら萄子は言いつづけた。白戸が創った前夜祭の席上、周平と萄子を前にして白戸はれい子と結婚すると言いきった。何もかもを知ったれい子は、瞬間白戸と別れようと思った。仁義をきるれい子の頬を涙が流れる。数日後、白戸は一人新しい仕事を求めてマニラへ立った。その手には萄子からの手紙があった。「私はもう一度貴方様にお目にかかれそうな気がします。いつか遠い遠い或る晴れた日に--」

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。