日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

弥次喜多金比羅道中
ヤジキタコンピラドウチュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年06月01日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「四人の母」の佐伯幸三と中川順夫が共同で脚本を執筆し、「右門捕物帖 妖鬼屋敷」の毛利正樹が監督している。撮影は「続家庭の事情 さいざんすの巻」の藤洋三。出演者は「宝さがし百万両」の伴淳三郎、柳家金語楼、森川信、「三代目の若旦那」の藤間紫、流行歌手鶴田六郎などである。

スタッフ

製作
井上清嗣
脚本
佐伯幸三中川順夫
監督
毛利正樹
撮影
藤洋三
音楽
上原げんと
美術
加藤平四郎
照明
山中長二郎
録音
森武恵

ストーリー

浅草観音様の境内で催された富籤の特賞「金比羅参り」を当てた弥次さん喜多さんは、自優のノドをはりあげ乍ら旅に出た。途中出会った鳥追姿の大姐御夜桜お綱に二人は心惹かれるが、お綱は二人には一向構わず、隣室の若侍を見張っている。表通りを行く一団の武士もどうやら若侍を狙っているようである。しかも軒下には虚無僧が不気味な笛の音を吹き流していた。翌日天下の嶮にさしかかった二人の頭上に突然深傷を負った若侍が落ちて来て、一通の封書を手渡すと息絶えた。以来二人はお綱に色仕掛で眠り薬を飲ませられたり、ゴマの蝿東海の辰に裸にされたり碌な事はない。とかくするうちに四国の船乗場に着いた。二人は金比羅船の中で縁起の悪い密書を巡礼の少女の荷物に滑りこますが、そんな事を知らぬお綱は二人を船牢に閉込めた。しかしもはや用の無くなったお綱も一団の武士達に船牢に入れられたので、後悔した彼女は弥次さん喜多さんに凡てを打明けた。蜂須賀藩の悪家老仁木源左は藩主の妾とグルになって自分達の間に生れた子供を継がせようと企み、行方不明になった本妻の子万姫と証拠の密書を探し求める柳沢金吾一派を阻止し、かくして道中争奪戦が展開されたのであった。これを知って振い立った弥次さん喜多さんを同船の虚無僧が救ってくれた。実は彼こそ柳沢金吾であり、巡礼の少女は万姫であったのだ。そこでお綱が先ず水芸師に化けて城中に入り、密書を殿様に渡すと共に柳沢、弥次さん、喜多さんの奮闘によってお家騒動は目出度く解決した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。