日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鳴門秘帖 前篇(1954)
ナルトヒチョウゼンペン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月10日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

戦後は大映=新演技座で「甲賀屋敷」(四十九年)として映画化された事もある吉川英治原作の再映画化。「学生五人男」の棚田吾郎=舟橋和郎の脚本を「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の渡辺邦男が監督している。出演者は「暁の三十八番斬り」の市川右太衛門、「少年姿三四郎 第一部山岳の決闘 第二部大川端の決闘」の宇治みさ子、「殴り込み二十八人衆」の花柳小菊、「三代目の若旦那」の高千穂ひづるなど。

スタッフ

企画
マキノ光雄近藤経一田口直也
原作
吉川英治
脚色
棚田吾郎舟橋和郎
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
塚本康治
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

阿波の国主蜂須賀侯は竹屋三位らと共に、処刑された竹内式部の志をついで再挙の磯を窺い他国人の阿波入国を厳禁した。隠密世阿弥はこの秘密を探ろうとして捕らえられ、剣山の牢に投ぜられたまま消息を絶つこと八年、娘千絵が家を守っていた。隠密の家に生れた者は同職の人以外との縁組を禁じられているため、千絵の愛人弦之丞は世をはかなんで虚無僧寺に身を隠した。世阿弥の恩をうけた銀五郎は、千絵の心を察して弦之丞と世阿弥を探しに江戸をたとうとしたが早くも誰かに殺害された。だがこのため弦之丞は決然として立ち、阿波の機密を探ろうとする。元天満与力常木鴻山や同心俵一八郎、目明し万吉も阿波に潜入を計り、俵は一足早く入国したが捕えられる。掏摸の見返りお綱、料亭川長の娘お米の二人は弦之丞を慕っているが、お綱には阿波の浪人お十夜孫兵衛、お米には森啓之助がしつこく言いよっている。江戸は甲賀屋敷で孫兵衛に追われて地下室へ落ちたお綱は、そこで初めて千絵に逢った。憎い恋仇!然しその憎い千絵を助けるため、地下牢に火を放った。火を見て駆けつけた弦之丞は、十兵衛と旅川周馬の剣を払いのけ、千絵の姿を求めて燃えさかる屋敷にとびこむ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。