日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人
ソノゴノウッカリフジントチャッカリフジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年08月15日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

NHK連続ラジオ・ドラマから「真白き富士の嶺(1954)」の笠原良三が脚本を書き、「近世名勝負物語 黄金街の覇者」の春原政久が監督、「よい婿どの」の遠藤精一が撮影した。出演者は「三代目の若旦那」の佐野周二、「落語長屋は花ざかり」の久慈あさみ、「とんち教室」の本郷秀雄と加東大介、「落語長屋お化け騒動」の楠トシエのほか進藤英太郎、汐見洋、伊沢一郎等。

スタッフ

製作
三輪礼二
企画
新井一
脚本
笠原良三
監督
春原政久
撮影
遠藤精一
音楽
松井八郎
美術
北川恵笥
照明
島百視昧
録音
西尾昇

ストーリー

宇刈さんも茶刈さんも山貫産業の社員である。奥さんには朝早く叩き起され、会社では社長夫人主催の心霊術実験のため遅くまで残されて大クサリ。近所の舟原老人も共々おでん屋でヤケ酒を飲んだ。奥さん達は作戦を変え、合同で茶刈家にビールを並べて夫達を待ったが、亭主の方では吊し上げを食うのかと恐れ、茶刈、宇刈、大友の三人はパチンコに時を費し、帰ってみれば女房連が一杯機嫌になっていた。茶ノ木君が撮影した写真が男性風俗に入選しデパートに展示される。そのモデルが事もあろうに山貫社長のあられもない姿。撤去を申込んだが、茶ノ木の恋人で、茶刈夫人の妹に当る幸子が頑として応ぜず、遂に新聞に掲載されて一騒ぎをまき起した。茶刈は墓参と偽って、妻と一緒に野球を見たら球場で部長に見つかり、おまけにテレビのスナップに顔が写って社長にもバレてしまう。宇刈は細君同伴で会社の旅行の下見に箱根へ行く。そこで宿をまちがえ、芸者駒秀をつれてお忍びの社長にぶつかって大目玉を食った。引上げる所へ社長夫人が出現したからたまらない。大荒れの一幕があって、宇刈は腹立ちまぎれに辞職した。が辞めてみると寂しい。ぼんやり散歩から帰ると自宅に社長が待っていて先日の無礼をわび、出社を頼む。そこへ宇刈の出したプロ野球の懸賞解答が当選し、賞品のビールを満載したトラックが着き、隣り近所一同は揃ってコップをあげる。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。