日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鶴亀先生
ツルカメセンセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年07月20日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

源氏鶏太の同名の原作より木村英一が脚色し、製作の青柳信雄(落語長屋お化け騒動)が監督している。撮影は「君ゆえに」の平野好美の担当。出演者は「晩菊」の上原謙、「女の暦」の花井蘭子、「処女合戦」の筑紫あけみ「重盛君上京す」の高島忠夫などである。

スタッフ

製作
青柳信雄小坂隆文
原作
源氏鶏太
脚色
木村英一
監督
青柳信雄
撮影
平野好美
音楽
鈴木静一
美術
黒沢治安
照明
関川次郎
録音
道源勇二

ストーリー

大切な見合いを、突然舞込んで来た中学時代の体操の恩師鶴亀先生の為に台なしにされた畑中次郎は、会社の上役で同じ中学の先輩の花好庶務課長に早々に先生を引渡した。停年で退職した鶴亀先生は体操を通じての精神教育の成果を見たくて、昔の教え子を歴訪するべく上京して来たのだ。花好課長は先生をバーに案内するが、そこの女ユリーとの秘密を知られてしまったので、温泉マークを経営する世田直助に引渡した。しかしここでも先生はこの種ホテルが如何に有害であるかを力説したので、また八百屋の井上に引渡された。井上の女房常は名にし負う嬶天下で、配達やらサンドイッチマンの真似やら手伝わされるので、さしもの先生も今度は逃げ出して、商事会社重役松岡の乱脈の家庭を経て、結局畑中のアパートに戻って来た。徹夜麻雀で帰らない畑中を待って途方に暮れている先生を、日頃畑中を想う隣室の有田文子は優しくもてなした。家を出て二週間、自分の教育の成果も或程度知った先生は、ソロソロ帰りたいと言い出した。これを知った保険外交員をしている三十回卒業生の石山勝助は「鶴亀先生歓送迎会」を開いた。石山はそれをダシに保険の勧誘をする魂胆だったが、ともかく同窓会は盛会で、酔った先生は体操までやり出した。淋しい別れの言葉を告げて東京を去る先生を畑中と文子はアパートの屋上から見送った。二人の結婚式に先生が再び上京して来ることを楽しみにしながら。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。