日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

土曜日の天使
ドヨウビノテンシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年08月24日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Husband Comes Home Every Suturday  
上映時間
102分  

新生新派上演の原作から「魔子恐るべし」の梅田晴夫が山本監督と共同で脚本を書き、「坊っちゃん社員 前篇」の山本嘉次郎が監督、「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の飯村正が撮影した。「抱擁(1953)」の山口淑子が久しぶりで主演をつとめ、「重盛君上京す」の森繁久彌、「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の沢村貞子、「弥次喜多 金比羅道中」の清川虹子、「学生心中」の小林桂樹、「乾杯!女学生」の雪村いづみ等が出演する。

スタッフ

製作
滝村和男
原作
中野実
脚色
梅田晴夫山本嘉次郎
台詞
三木鮎郎
監督
山本嘉次郎
撮影
飯村正
音楽
服部良一
美術
村木忍
照明
横井総一
録音
下村尚

ストーリー

土建会社社長片岡敬吉は叩き大工上りの無学非識字者で、息子隆也はダンス気違い、娘マユミはジャズ狂、女房直子は亭主の浮気封じに法華太鼓を一日中叩き通しという乱脈な家庭である。そこへ香港帰りの大原操がマスミの家庭教師として英語を教えることになり、二階の部屋に住込んだ。この家は十数年前、操が住んでいた家だった。彼女の出現以来、敬吉は妾の弓子も訪れず毎日帰宅し、隆也も浮々とする。彼女の部屋に忍びこもうとして、ドアの前で計らずも父と子がぶつかる一幕もあった。ある日、髯だらけで中共服の男が操を訪ねて来た。敬吉は強盗と思って警官を呼んで来たが、その男は操の幼友達宇津木宏であった。操の頼みで彼はその日から片岡家に同居する。髯を剃った宏は見違えるような美男子で、マスミも直子もびっくりする。操は宏を愛しているのだが、敬吉は彼女を何とか陥落させよぅと高価な贈物をする。これを知った二号の弓子は、妾業開店休業を宣告し、直子と共同線戦を張って敬吉を制止しようとする。ジャズを通じて教えた英語の会話が上達し、マスミの成績は優秀であった。彼女の作文には「先生がいらしてから父も毎日帰宅し、母は土曜夫人ではなくなりました。先生は土曜日の天使です」と書いてあった。宏の奔走で片岡邸は正当の持主である操の所有権が認められたが、彼女は片岡に家をゆずり、宏と結婚して新しい人生を開くため、皆に惜しまれながら去ることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。