日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

緑の仲間
ミドリノナカマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年08月18日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

毎日新聞に連載の小説を「かくて夢あり」の猪俣勝人が脚色し、「知らずの弥太郎」の森一生が監督、「花のいのちを」の渡辺公夫が撮影する。音楽は「どぶ」の伊福部昭である。出演者は「浅草の夜」の根上淳と若尾文子「愛」の森雅之、「知らずの弥太郎」の山根寿子、その他東野英治郎、直木明、八木沢敏など。

スタッフ

企画
三浦信夫
原作
井上靖
脚色
猪俣勝人
監督
森一生
撮影
渡辺公夫
音楽
伊福部昭
美術
仲美喜雄
照明
安藤真之助
録音
橋本国雄

ストーリー

青戸は蒙古から引揚げた後、かっての友人や部下と様々の事業をおこしたが、その資金の事から汚職問題にまきこまれそうになる。彼の出資で喫茶店オリオンを経営する安芸子は、亡夫が外地で青戸の親友であった。彼女は心から青戸を愛しているが、彼はいつも冷静な態度を崩さない。オリオンの常連である新関記者高津逸平は、政界の大物佐山と青戸の関係を探るうち、佐山の娘那津子と知り合う。那津子は中年の青戸に興味を持っているが、本当は逸平を愛していた。青戸は東京の生活に疲れると、瀬戸内海にある故郷の小島に帰り、親友の鎬木村長宅で静養するのが常であった。汚職問題が発展しそうなのを知った安芸子は、心配の余り島に彼を訪れたが、又も青戸は冷静であった。再び出京した彼は、問題の金で事業を営む興安物産や料亭黄塵の主人までが、窮している自分に冷いのを知り、人生は人間信頼の上に立つという日頃の信念さえ疑いたくなる。が安芸子は店を売っても彼につくそうとした。一夜雨にぬれて発熱した彼を、那津子は徹夜で看護したが、逸平は二人の間に醜関係ができたと誤解する。然し青戸は真実を説いて二人を和解させた。汚職は青戸の脅迫罪だけですみそうになる。島で成り行きを待つ彼の許へ、安芸子は再び訪れた。青戸は初めて彼女の愛を心から受入れる。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。