日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

月よりの使者(1954)
ツキヨリノシシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年09月22日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Messenger from the Noon  
上映時間
94分  

「金色夜叉(1954)」に次ぐイーストマン・カラー総天然色映画。久米正雄の原作を「学生心中」の八住利雄が脚色している。監督は「花のいのちを」の田中重雄、撮影は「金色夜叉(1954)」の高橋通夫。出演者は「知らずの弥太郎」の山本富士子、「慕情」の菅原謙二、「浅草の夜」の若尾文子、根上淳「春琴物語」の船越英二のぼか沢村美智子、八潮悠子、村田知英子、細川ちか子、高松英郎など。

スタッフ

製作
永田雅一
原作
久米正雄
脚本
八住利雄
監督
田中重雄
撮影
高橋通夫
音楽
斎藤一郎
美術
柴田篤二
照明
久保田行一
録音
長谷川光雄

ストーリー

富士見高原療養所に働く美貌の看護婦野々宮道子は、同僚のよう子と共に、暖かい献身的な看護で患者の信頼と愛情を集めていた。退院を間近に控えた患者弘田進は、道子に心を寄せ、結婚の約束を求めた。弘田にかつての婚約者であり、今も愛している弓子がいるのを知った道子は、弓子に同情するが、道子の心の動揺を感付いたよう子は、道子を励まし元気づけた。詩人の橋田も道子を愛しており、またレントゲン料の医師池内も彼女を愛していた。道子は弘田の烈しい愛情にまけて一緒に逃げる約束をしたが、橋田が重態になったので、弘田との約束を果たせず、最後まで橋田につきそっていた。一年後、道子は弘田と結婚した弓子の家へ派出された。弓子は道子の献身的な看護に深い信頼と愛情を寄せたが、道子と弘田が好意を持ち合っているのに気附いた。弓子が多量の睡眠薬をのんで自殺した時、他殺と見た警察の眼は道子と弘田に向けられた。道子と弘田はかばい合い、道子は弘田のために無実の罪を着る決心をしたが、外交官と結婚してワシントンにいる弘田の妹晴子の許に弓子から送られたフランス人形の中に、弓子の遺書が発見され、疑の晴れた道子と弘田は、よう子の計らいで結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。