日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋風街道
コイカゼカイドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年08月08日 
製作会社
宝塚 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「快盗三人吉三」と同じく若尾徳平が脚色、冬島泰三が監督に当り、「ママの新婚旅行」の古泉勝男が撮影する。主なる出演者は「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の小堀明男、「風流あじろ笠」の尾上さくら、「鞍馬天狗 疾風八百八町」の南悠子、「潜水艦ろ号 未だ浮上せず」の中山昭二、「恋しぐれ 浅間の火祭」の月形竜之介、「二挺拳銃の龍」の植村謙二郎などである。

スタッフ

原作
山手樹一郎
脚色
若尾徳平
監督
冬島泰三
撮影
古泉勝男
美術
西七郎
照明
安田房次郎
録音
森武憲

ストーリー

慶応四年、旗本の出身ながら官軍の密偵を勤める高梨雄太郎は、幕府が和蘭から輸入した最新式の火薬製造の秘密工場を探りあわよくば爆破せしめるため江戸へ向い、岡崎の宿はずれで、剣打ちの女芸人お栄に会う。薩タ峠では幕府の脱走兵達に手ごめにあわんとする娘を助けた。この女こそ未だ顔を見ない雄太郎の許婚早苗が、彼を求めて京へ上る途中だった。然し雄太郎は任務を思って名乗らず、彼女に江戸へ帰れとすすめた。早苗は横恋慕する義母お沢の弟大篠範之助に富士川の堤で捕えられた。彼の言葉で先の男が雄太郎であるのを知ったが、監視の目が厳しくて逃出せない。やがて箱根をこえて小田原の宿。範之助は剣士佐久間慎助等と共に雄太郎を酒匂川原に迎え討ったが、逆に斬り崩される。早苗は唐津屋重兵衛に守護され、大磯で雄太郎と再会した。初めて抱きあう時、刺客に襲われ、雄太郎は短銃に射たれて馬入川に落ちて屍体も上らなかった。早苗はお栄に助けられて江戸へつく。お栄は浅草の芝居小屋に旧友歌八を尋ね、そこで幕吏に追われる雄太郎と再会した。然し早苗は一足違いで会えず、唐津屋に捕われた上、仮面をぬいだ重兵衛の毒牙にかからんとした時、心美しい彼の娘お光に助けられた。この時別室では火薬製造所長甲塚は、雄太郎に密通した罪で松平源太郎に死刑を宣告され、銃殺の直前、踊りこんだ雄太郎に救い出された。松平は時勢に抗し難きを知り邸に火をつけて自忍した。かくて雄太郎と早苗は結ばれ、唐津屋を仇と狙うお栄も、お光の情にほだされて仇討を断念した。やがて維新は訪れたが、雄太郎は幕府に殉じて町人となった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。