日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若い人たち
ワカイヒトタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月08日 
製作会社
全銀連近代映協 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
118分  

「どぶ」に次ぐ近代映画協会の第八回自主作品で、全国銀行従業員組合連合会と提携して製作される。「どぶ」と同じく新藤兼人(泥だらけの青春)と棚田吾郎が共同で脚本を執筆し、「足摺岬」の吉村公三郎が監督する。撮影も同じく「足摺岬」の宮島義勇で、音楽は「泥だらけの青春」の伊福部昭の担当。出演者は「泥だらけの青春」の乙羽信子、「太陽のない街」の日高澄子、岸旗江、信欣三、原保美、「村八分」の中原早苗、「学生心中」の金子信雄などである。

スタッフ

製作
絲屋寿雄山田典吾能登節雄十時志雄
脚本
新藤兼人棚田吾郎
監督
吉村公三郎
撮影
宮島義勇
音楽
伊福部昭
美術
丸茂孝
照明
平田光治
録音
長岡憲司

ストーリー

老銀行員小宮良介の娘阿佐子は、矢張り銀行の女事務員として働いていたが、毎朝誰よりも早く出勤して、掃除をしたり自分の当番でなくてもお茶を配ったりするので、反って他の女子行員達の反感を買っていた。或る日、良介は、銀行が差押えた工場の競売に債権者の代理人として出張したが、逆上したそこの工場主に殴られて昏倒してしまった。父入院の報をきいた阿佐子が、早退けして病院へかけつけようとした時、テーブルの上にあった筈の小切手が紛失して大騒ぎになったが、それは扇風機に吹きとばされて床板の隙間にはさまれたものと分って、一同はがっかりした。暫くして箱根への一泊旅行が行われた。病床の父が気になる阿佐子は泊らずに帰京したが、丁度これも泊らずに帰る戸川と一緒になり、しみじみと語り合ったが、これが女子行員達の間に早速話題のタネをまいた。扨て、銀行では全国的に貯蓄獲得運動を開始することになり、女子行員達も街頭にかり出されマッチ配りなどやらせられた。過労のために房江は倒れた。結婚すれば止めさせられるか転勤させられるというので、房江は病気療養中の夫がいるのをかくして働いていたのだった。房江を見舞った阿佐子は、帰りに戸川の下宿へも寄ったが、そこで久子と会い二人はややバツの悪い思いをした。銀行の顧客である坪井という男は、以前から阿佐子に好意を寄せていたが父の療養費に無条件で十万円貸してくれた。その頃の組合大会で労働強化に反対した戸川は静岡へ転勤させられることになった。一方銀行では現金十万円紛失の事件が起り、阿佐子の父の療養費に十万円支払われていることから、彼女に嫌疑がかかった。だが金はあっけなく見出された。しかし坪井は公金費消で留置場にいた。それは阿佐子へのためだった。転勤する戸川を見送る久子、そして阿佐子は坪井の自由になる日を静かに待っている。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。