日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若き日は悲し
ワカキヒハカナシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年09月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

「別離」の中村定郎が岩間監督と共同で脚本を書き、岩間鶴夫が「伝七捕物帖 刺青女難」に次いで監督する。撮影は「三つの愛」の井上晴二、音楽は「君に誓いし」の万城目正。「君に誓いし」の石浜朗と「八百屋お七 ふり袖月夜」の美空ひばりが共演し「青春前期」の山田真二、「螢草」の菅佐原英一、「若旦那と踊子」の太田千恵子が助演するほか、三木隆、故里弥生、徳大寺伸、荻田洋巳、東山千栄子、斎藤達雄、沢村貞子らが出演する。

スタッフ

製作
久保光三
脚本
岩間鶴夫中村定郎
監督
岩間鶴夫
撮影
井上晴二
音楽
万城目正
美術
梅田千代夫
照明
小泉喜代司
録音
大村三郎

ストーリー

地方の或る港町に若草会と呼ばれる若人たちの集りがあった。会長の織田をはじめ、副会長の園田一郎、その妹で音楽すきの恵子、恵子と同じ高校生の天野幸子、その兄で東京の大学に行っている一郎の親友正二、そのほか陣出、中原、塩原、夏子、トミ子、丸目らの会員は、町を明るくし、自分たちの成長のため熱心に会合していた。一郎の家は牛乳屋で、父と恵子の三人ぐらしだが、商売は面白くなく、音楽学校へ行きたいという恵子の望みも満たされそうにはなかった。正二の父は回漕店を営み、恵まれた豊かな暮しである。正二は恵子が好きだった。そして正二の父のはからいで二人は結婚することになった。恵子は音楽学校へ行かして貰えることになって大喜びである。だが宗一と一郎の心は暗かった。というのは一郎は宗一の知人の子供で、宗一は将来彼女と一郎を結婚させたいと思っていたからである。若草会の会員たちは或る日、自殺しようとした藤川京子を助けたが、その日、恵子も一郎が真の兄でない事を知った。正二も恵子も悩んだ。ひそかに恵子を愛していた一郎も苦しんだ。正二は酒に溺れ、不良の仲間と交際するようになった。一郎は兄として恵子と正二の仲を結ぼうと努力した。彼は正二の身がわりになって不良達と渡り合い、殺されてしまった。恵子は残された一郎の日記を前に泣き崩れた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。