日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

荒城の月(1954)
コウジョウノツキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

『平凡』連載の川口松太郎の原作を松山善太が脚色し、「母時鳥」の枝川弘が監督する。撮影は「花のいのちを」の渡辺公夫、音楽は「芸者秀駒」の古関裕而が当る。出演者は「月よりの使者(1954)」の若尾文子、根上淳、船越英二、八潮悠子、「螢草」の市川春代、「太陽のない街」の清水将夫などである。

スタッフ

企画
岡田熟
原作
川口松太郎
脚本
松山善太
監督
枝川弘
撮影
渡辺公夫
音楽
古関裕而
美術
柴田篤二
照明
柴田恒吉
録音
長谷川光雄

ストーリー

遠くアルプス連峯を望んで丈なす雑草、苔むし荒れ果てた古城のほとり、そこにある町に住む女学生敦子は、斜陽とは云え名門松平頼治の一人娘で、父は町のために流用した資金が返済されず日夜苦しんでいた。丁度その頃新興財閥にのし上った大沼壮太郎の息子壮平から、敦子を是非にとの縁談話がもち上っていたが、敦子には恋する男がいた。それは壮平の学友の高瀬雪雄であった。雪雄は東京の大学に行っていたが、夏休みは父の勤める大沼ホテルでアルバイトをするかたわら、テニス大会に敦子と共に出場していた。その会場に突然敦子の父の自殺の報がもたらされた。悲嘆にくれる敦子に、壮平の父は、負債の償却を条件に壮平との結婚を迫るのだった。憤然とこれを拒絶した敦子は、城跡で雪雄と愛情を誓い合ったが、翌朝になって、敦子は置手紙を残して何処ともなく姿を消した。今は希望も消えた雪雄を、壮平の妹みね子が慕う様になっていた。そして或る日、みね子の誘いを断り難く京都に行った雪雄は、そこで図らずも舞妓姿の敦子を見出したが、それを知った敦子は再び彼の前から姿を消した。だが過ぎし日の誓いを破り、旦那を持つ破目に至った敦子は、雪雄にもう一度会ってわびようと、舞妓姿のまゝ故郷を目ざした。折柄故郷の町は市制をしくことになって、その記念にと敦子の祖父の記念碑が建てられた。その除幕式で再会した雪雄と敦子、二人はもう永久に別れまいと心に誓うようになったのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。