日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

仇討珍剣法
アダウチチンケンポウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年10月27日 
製作会社
宝塚 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「恋愛特急」の松浦健郎の脚本を、「ハワイ珍道中」の斎藤寅次郎が監督する時代喜劇。撮影は「ハワイ珍道中」の友成達雄、音楽は河村篤二の担当。主なる出演者は「陽気な探偵」の花菱アチャコ、「東尋坊の鬼」のキドシンや、伴淳三郎、益田キートン等の喜劇陣に加えて、宝塚から南悠子(恋風街道)、浦島歌女等が出演。

スタッフ

脚本
松浦健郎
監督
斎藤寅次郎
撮影
友成達雄
音楽
河村篤二
美術
西七郎
照明
中野豊
録音
八島宇一郎

ストーリー

あるお城の武術大会で、今千房二刀流の白髪老剣士碇金平太が、相手にならぬ強さで一座をさらっていたが、御典医唐庵は無類の憶病者梅木鳴平に、特製精力剤無敵丸をのませたので、鳴平は途端に張り切って木刀ふりかざし金平太を負かしてしまう。余りの不思議さに金平太はアッケにとられたが、鳴平に再試合を申込んだ。又もや無敵丸をのみこんだ鳴平が元気よく斬り込んで行った時、金盃欲しさの怪盗阿久大之進が横から出て来て、金平太を鳴平の活躍に乗じて一刀の下に斬り捨て、賞金かゝえて逃げ去った。一同は又もや鳴平が勝ったものと思いこみ、彼は大モテで有頂天である。ところが、父に勝る腕利きという金平太の一子一平太が仇討に旅立つとのことで、鳴平は怖くてたまらず遂に旅にさまよい出た。仇討かなうまでは恋人千鳥との結婚もまかりならぬとの城主のお達しで、自分より剣が達者で美人の千鳥と別れて一平太は旅に出た。千鳥も心配なので、若衆姿で彼の後を追った。一平太は道中鳴平と会い、敵同志とも知らずすっかり世間話に身が入っている間に、二人共懐中ものを道中師の辰にすられてしまった。気をよくした辰は、二人の近くを通る大之進の懐を狙ったが、逆に今すった金までとられてしまった。辰は姐御お紋に叱られた。お紋は色仕掛けで大之進から金盃を盗もうとしたが、彼はそれが金平太を打果して得たものだからと云って手放さない。間もなく辰は財布を取り返して二人に返した。一平太は財布の中の仇討免許状を見て、道連れの鳴平こそ父の仇と討ってかゝったが、そこへお紋が馳けつけて金平太を殺したのは大之進であると真相を語った。一平、鳴平、千鳥、お紋、辰等は、こゝに一丸となって大之進を討ち果すために山へ追って行ったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。