日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お坊主天狗 後篇
オボウズテングコウヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年10月12日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

スタッフおよび主要配役は前篇(百一号)と同じで、新に「犬神家の謎 悪魔は踊る」の宇治みさ子、「旗本退屈男 謎の百万両」の原健策、「蛇姫様(1954)」の吉田義夫が出演する。

スタッフ

企画
坪井与玉木潤一郎
原作
子母沢寛
脚色
八住利雄
監督
渡辺邦男
撮影
三木滋人
音楽
山田栄一
美術
桂長四郎
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

越中守の死によってお家断絶を恐れた荒木均平は、殿の死を病死とし、故意に番匠谷や染八一座を見のがした。父の仇討を果した番匠谷は直ちに小染の仇大庭を狙って光法院を襲ったが、すでに大庭は快天と共に逃亡した後だった。その頃小鶴は身投げした娘おえいを助けた。彼女は越中の身代りとして番匠谷に殺された戸原の娘だった。彼はこの娘を手下の者に命じて丁寧に養ってやる。番匠谷は大庭と仇の一人太田が旅に出たのを見て熊谷まで後を追い、大庭の太刀先をはねかえすうち、誤って太田を斬る。大庭は逃走したが、早くから悔悟していた太田は番匠谷の手厚い看護をうけ、仇の残り三人は大庭のほか渡海屋万兵衛と刺青の鉄蔵と身分を変えている事を教えて絶命する。七之助はお滝と共謀して渡海屋を美人局で脅したが逆におどかされる。鉄蔵は仲間争いで渡海屋に殺され、番匠谷は小染を男の身なりに戻し大庭と渡海屋を襲って見事に父母の仇を討たせた。かくして番匠谷と小鶴、小染とおしゅん、改心した快天とおもとはそれぞれ目でたく結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。