日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新鞍馬天狗 第二話 東寺の決闘
シンクラマテングダイニワトウジノケットウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月10日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

「新鞍馬天狗 第一話 天狗出現」に次ぐ大佛次郎製作の新鞍馬天狗シリーズの第二話で、森川信、三木のり平が新たに参加する外、スタッフ、キャスト共に前作同様である。

スタッフ

製作
大佛次郎渾大防五郎
原作
大佛次郎
脚色
松浦健郎
監督
青柳信雄
撮影
山崎一雄
音楽
三木鶏郎
美術
小川一夫
照明
大沼正喜
録音
藤縄正一

ストーリー

勤皇討幕の旗のもと大阪城へ一人でのりこんだ鞍馬天狗は、仕掛だたみの地下牢へ落っこった。天狗を救い出そうと大阪にやって来た杉作と吉兵衛は、濠の橋げたにぶらさがって城の中にしのびこもうとしたが、吉兵衛は見つけられて追跡され、杉作だけがうまく忍びこんだ。暫くするとお兼が通るのが見えたので、後をつけて行くと、地下牢へ入って行き、天狗に「私たちの邪魔をしないのなら逃そう」と話しかけたが拒絶されたので、怒って立ち去った。お兼とすれ違いに牢格子に馳け寄った杉作は、けんめいに鍵をくだいて格子を開いたが、物音におどろいて番卒が押し掛けてきた。天狗は飛び出して敵に斬りかかったが、杉作がピストルを突きつけられているのを見て刀を投げ出した。一方薩摩屋敷のおみわは天狗の安全を祈ろうと神まいりに出掛けた帰り、ムリに土方歳三の家へ連れこまれた。今にも土方に抱きすくめられようとしたときお兼が現われ、大いに怒っておみわを救い出し、逆に天狗を助けることにして二人で大阪へ向かった。翌朝淀川千両松の堤では、近藤勇と薩摩の浪士十名とで決闘が行われていたが、近藤勇の刀の冴えにたちまち勝負は決まってしまった。大阪城へ着いた近藤勇に、杉作は身体の弱った天狗を殺さない様にと必死に頼んだ。近藤の気転で天狗は牢から出ることができた。数日後、京都東寺の五重塔で天狗と近藤勇の果し合いが行われ、激闘の末近藤の剣は地に払い落された。だが今度は命を助けるのは天狗の番であった。何時の日か二人が勝負を決する日もあろう。暫くして駈けつけた杉作、おみわ、お兼、だが既にそこに二人の影はなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。