日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

馬賊芸者
バゾクゲイシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月17日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

『小説新潮』に掲載された火野葦平の原作から、「火の女」の島耕二が脚色して監督に当たる。撮影、音楽は夫々「月よりの使者(1954)」の高橋通夫と斎藤一郎の担当である。出演者は「千姫(1954)」の京マチ子、「火の女」の高松英郎、「春琴物語」の白井玲子、「ゴジラ(1954)」の志村喬、「新しき天」の村田知英子などである。

スタッフ

企画
中野繁雄
原作
火野葦平
脚色
島耕二
監督
島耕二
撮影
高橋通夫
音楽
斎藤一郎
美術
仲美喜雄
照明
伊藤幸夫
録音
米津次男
時代考証
木村荘八

ストーリー

大正の初期、九州博多の花街に、第一次大戦の好況にあぶく銭をもうけ成金風を吹かす連中から金を絞りとる馬賊芸者と呼ばれる意地と侠気の芸者の一団があった。姉さん格の信吉は侠気に富んだ典型的な馬賊芸者だったが、ある日座敷で踊る歌舞伎役者の坂東京之助が信吉達の三味線を断った為に、一同はいきり立った。そして新聞社の若手俳優人気投票に、馬賊芸者達は京之助の対抗として市川小十郎を一位にすべく投票したが惜しくも敗れた。それが縁となって親しくなった信吉に、小十郎は心を惹かれ結婚を申込んだ。大阪巡業後に新世帯を持つことになった二人だったが、小十郎は旅の間に急死してしまった。悲しみの中に信吉は芸者に帰り咲いたが、ある日彼女は廊下で白石貞次という人形師にぶつかりその人形をこわしてしまった。だがその男が余りに小十郎に似ているので信吉は呆然となった。そして以後彼に言い寄ることになった。だが貞次は信吉の妹芸者海丸と将来を誓う仲であった。折も折梅丸には身受け話が持ち上り、金もできぬままに、二人は死を決して失踪した。初めて二人の純粋な恋に打たれた信吉は、遂に死の直前に二人を救い出し、自分の情念を押えつつも貞次と梅丸の幸福に尽すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。