日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鶏はふたたび鳴く
トリハフタタビナク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月30日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
118分  

「煙突の見える場所」、「愛と死の谷間」のコンビ、脚本椎名麟三、監督五所平之助の第三作で、「愛と死の谷間」の小原譲治が撮影に当る。出演者は「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の佐野周二、「東尋坊の鬼」の左幸子、「和蘭囃子」の南風洋子と小園蓉子のほか片桐余四郎改め佐竹明夫など。

スタッフ

製作
内山義重
脚本
椎名麟三
監督
五所平之助
撮影
小原譲治
音楽
黛敏郎
美術
下河原友雄
照明
折茂重男
録音
根岸寿夫

ストーリー

天然ガスの噴出が止ってから急にさびれた南房州時の岬を復活させようとガスの試掘を始めた前田隆一は、事業に失敗し自殺した。母親のまつは、隆一は時田ふみ子に求婚を断られたので自殺したと思っていた。石油労働者世ン中、御落胤、学者、バクさん、サアさんは友達からの新らしい油田発見の知らせを待ち望みながら試掘井で働いていた。ふみ子の父時之助は、妻が駈け落ちして以来偏屈になり、町の人の物笑いの的になっていた。万代陽子は、好色な母親に対するのと同じ眼で町の人に見られるのを苦にしており、岬谷子は、幼い時の病気の為ビッコになり暗い性格になっていた。ふみ子、陽子、谷子の三人は、自分こそ一番不幸だと思い、また互に同情し合い一緒に自殺する約束をしていた。或る日、世ン中達の五人仲間に慰さめられたふみ子は彼等の持つ友情と、石油に対する情熱を知り、彼等の為に石油を出してやりたいと願った。時之助は腹を立てたが、ふみ子は五人仲間特に世ン中と親しくなった。ふみ子、陽子、谷子は石油の発掘に来たという鞍馬義夫に会った。人目を忍ぶという彼を陽子の家の離れに泊め、鞍馬をせきたてて、五人仲間と一緒に発掘作業を始めさせた。三人は次第に不幸を忘れ生きる望を持ち始めた。鞍馬は五百万円の拐帯犯人だったが、真剣な五人仲間の姿を見ると、自らを恥じて、罪を告白し海に身を投げた。その時、爆発音と共に温泉が噴出した。観光地になった町を去る五人仲間が、トラックに乗り込んだ時、ヨーさんがふみ子を自転車にのせて世ン中に送りとどけた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。