日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

歌ごよみお夏清十郎
ウタゴヨミオナツセイジュウロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月01日 
製作会社
新芸術プロ 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

戦前戦後合せて三度目の映画化で原作は旗一兵、脚本は、「学生五人男シリーズ・第一部 幽霊軍隊」の舟橋和郎、「恋風街道」の冬島泰三が監督に、太田真一が撮影に当る。出演者は、「若き日は悲し」の美空ひばり、「千姫(1954)」の市川雷蔵、「真実の愛情を求めて 何処へ」の柳永二郎、「赤穂義士(1954)」の三条美紀、「唄ごよみ いろは若衆」の川田晴久、堺駿二、香川良介など。

スタッフ

製作
福島通人樋口大祐
原作
旗一兵
脚色
舟橋和郎
監督
冬島泰三
撮影
太田真一
音楽
上原げんと
美術
川村鬼世志
照明
藤来数義
録音
杉山政明

ストーリー

元禄の頃。姫路藩御用達の米問屋但馬屋の手代清十郎は、美男で働き者との評判だった。但馬屋の娘お夏は気丈な娘で、清十郎を慕っていたが、表面は主従の気持を崩さなかった。但馬屋に米の買付の金五百両がお蔵奉行から届いた時、商売仇の近江屋は但馬屋の手代勘十郎を利でつって寝返りを強要した。勘十郎は口の不自由な寅松を使って土蔵から金を盗み、見ていた多十郎を威し逃げようとしたが、清十郎が来たのを見て、彼に濡衣を着せた。但馬屋は、お夏と与助の結婚を条件に那波屋に援助を頼むが、近江屋に仲をさかれてしまった。清十郎は島流しの刑に処せられ、自責の念にたえられなくなった多十郎は奉行所へ訴えようとするが、勘十郎に毒殺された。藩からの督促のために九右衛門は勘十郎のすすめもあって、近江屋に米をたのむが、廻送されて藩に納めた米に砂利が混っていたために但馬屋は倒産してしまった。お夏は彌助に助けられ、病床についてしまった九右衛門と彌助の家に泊めてもらった。このことを知った清十郎は流刑場を脱出し、料理屋の女お蔦に助けられた。勘十郎に闇討ちされた寅松は彌助に救われるが、真実を書き残して死んだ。近江屋甚兵衛と勘十郎に襲われてお夏達が危くなった時、清十郎とお蔦が駈けつけ難を救ったが、お蔦は勘十郎に殺された。悪人達は成敗され、但馬屋は復活し、清十郎はお夏の婿養子となった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。