日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

慈悲心鳥
ジヒココロトリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月15日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

菊池寛の原作を「継母」の館岡謙之助が松山広行と共同で脚色し背景を現代に移している。監督と撮影は共に「トラン・ブーラン 月の光」の松林宗恵、西垣六郎がそれぞれ当っている。出演者は「黒い罌粟」の角梨枝子、「恋風街道」の中山昭二、「近松物語」の香川京子、民芸の波多野憲のほか、和田孝、邦千代子、宇野重吉、斎藤達雄、高田稔など。

スタッフ

製作
永島一朗
原作
菊池寛
脚色
館岡謙之助松山広行
監督
松林宗恵
撮影
西垣六郎
音楽
斎藤一郎
美術
鳥居塚誠一
照明
傍土延雄
録音
道源勇二

ストーリー

親友同志である河井竜太郎と篠原俊輔は共に駒居静子を愛していた。静子の両親は、何かと世話をしている力行型の秀才である竜太郎より、新興財閥の金融経済会の御曹子である俊輔の方に惹かれていたが、静子は竜太郎を愛していた。竜太郎は頼みの綱であった司法試験の日に猛勉強の過労の為に倒れ、見舞に来た静子に一年待つことを頼んだが、駒居代議士の当選と共に静子と俊輔の結婚は急速に実現された。数年後、静子は俊輔の強い愛情によって幸福な家庭を得、洋一という子供も生れた。また竜太郎は試験に合格し、検事に任官して地方にいた。一時は金融界の王座にあった金融経済会も経営の危機におち、事態収拾のために政界の汚職事件に関係した。検察当局の眼を潜り、俊輔は奔走したが、銀行、金融会社から融資停止の報を受け、会社は破産の寸前に至った。或る朝検察当局が家宅捜査に来た時、金融経済会捜査の応援検事として上京していた竜太郎が指揮をしていた。冷酷な竜太郎の態度に静子と俊輔は憎悪の情を抱いたが、職務に忠実な竜太郎には他意はなかった。自責と侮辱に耐えかねて俊輔は自殺し、金融経済会は破産した。俊輔の初七日の日に、墓前で静子に会った竜太郎は苦衷を述べたが、竜太郎を誤解する静子は彼の残酷さをなじった。亡夫の愛情を求めて静子は死を願い、洋一をつれて家出をしたが、死ねなかった。疑獄事件も一段落つき、竜太郎は秘かに静子母子の養育費を友人の手に託し、任地へ帰って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。