日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

春の渦巻
ハルノウズマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年12月29日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

『平凡』連載の小説を「若い人たち」(共同)の棚田吾郎と「お夏清十郎」の舟橋和郎が協力して脚色し、「荒城の月(1954)」の枝川弘が監督に当り、「馬賊芸者」の高橋通夫が撮影する。主なる出演者は「馬賊芸者」の京マチ子、「螢の光」の菅原謙二と船越英二、「近松物語」の南田洋子、「馬賊芸者」の志村喬、「兄さんの愛情」の三宅邦子、「新しき天」の山本富士子等。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
岡田熟
原作
小糸のぶ
脚色
棚田吾郎舟橋和郎
監督
枝川弘
撮影
高橋通夫
音楽
伊福部昭
美術
仲美喜雄
照明
伊藤幸夫
録音
米津次男

ストーリー

能楽の宝珠流家元の御曹子良吉は米国から帰った友人須山を羽田に迎えた時、飛行機から降りた亜矢子のコンパクトを拾った事から、二人は知合いとなった。彼女はパリで生れ、米国でバレーを学び、公演のため初めて故国の土をふんだ。能とバレーの共通点に興味を抱いた亜矢子は、次第に良吉に心をひかれたが、彼には婚約者五井昌子があった。京都の能楽五流大会を翌日にひかえ、亜矢子と良吉は琵琶湖に遊び、竹生島で雨にふりこめられ、止むなく小さな神社で一夜を明した。翌朝二人は会場にかけつけたが、二人に向けられた目は冷たかった。亜矢子との絶交を求める父俊堂に反対した良吉はついに破門を申渡される。昌子や智恵のひきとめも効なく、良吉は去って行った。亜矢子は鎌倉のアトリエにとじこもり、良吉と共に独立の決意を固めた。然し或日訪れた昌子の父泰造が何気なく取出したシガレットケースに、彼女の目は釘づけとなった。それには彼女のコンパクトと同じ凱旋門のデザインがあった。彼こそパリで幼い亜矢子と母をすてて日本に帰った父親だったのだ。一度は父を恨んだが、妹昌子のために、そして良吉を能の舞台に帰すために、亜矢子はあきらめようと決心する。年があけて良吉の襲名披露の日が来た。然しその席に良吉の求める亜矢子の姿は見えなかった。彼女はその日羽田から飛立うしたが、危く駆けつけた良吉の腕に抱かれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。