日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

水戸黄門漫遊記 天晴れ浮世道中
ミトコウモンマンユウキテンバレウキヨドウチュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年12月21日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「喧嘩鴉」の若尾徳平が脚本を書き、「地獄への復讐」の酒井辰雄が監督する。撮影は「地獄への復讐」の関根重行、音楽は「母千草」の米山正夫の担当。出演者は「怪猫腰抜け大騒動」の花菱アチャコ、「明治一代女」の北上彌太郎、「地獄への復讐」の淡路恵子、「地獄の花束」の大坂志郎、「満月狸ばやし」の清川虹子、川田晴久などである。

スタッフ

製作
杉山茂樹
脚本
若尾徳平
監督
酒井辰雄
撮影
関根重行
音楽
米山正夫
美術
川村芳久
照明
蒲原正次郎
録音
川北武夫

ストーリー

天下の副将軍水戸光圀は助さん格さんと漫遊の旅を続けていたが、東海道沼津の宿にさしかかった時、とある掛小屋で「水戸黄門漫遊記」と題する芝居が掛っているのを見つけ、面白がって見物していると、突然奉行配下の役人が乗りこみ座頭沢村藤蔵を召捕えて仕舞った。それは藤蔵の養女お菊に野心を抱く悪奉行西岡平太夫が、今度の芝居を理由に藤蔵を罪に落し、お菊を渡せば放免すると難題を吹っかけているのだということを知り、光圀は危いところでお菊を救った。それから光圀主従は、藤蔵一座と共に愉快な旅をしたが、やがて彼等とも別れ、掛川宿では老公と瓜二つの大和屋という商人と知り合い同宿することになった。光圀は大和屋が実は九紋竜の長次と云う札付きのごまの縄だと云うことを知ったが、長次のさっぱりした気持を見こんで一行に加えた。この長次は女に惚れっぽいのが悪い癖で、米原に近い渡し舟でも白狐のお柳という女いかさま師にフラフラとなり、そのため一行は胴巻を抜かれてしまった。責任を感じた長次の案で、その夜は土地の親分荒浜の安五郎一家の世話を受ける事になったが、丁度その夜、一本松の義平一家から果し状が届いた。老公主従の働きでこの騒ぎは静まったが、この一件で義平の妹と分った白狐のお柳は更生を誓って長次と夫婦になった。一方この間にお菊とその兄寺井軍次郎に会った老公は、兄妹の父が松山藩の勝田庄左衛門の闇打ちに会ったことを知り、共に松山に乗りこんだ。そして権力をかさに悪政を重ねる城代家老中橋刑部の横暴を知り、彼を御役目御免にすると共に、その輩下たる勝田を兄妹に討ちとらせた。そして老公主従は藤蔵一座、長次、お柳、寺井兄妹らと共に再び漫遊の旅に立った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。