日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不滅の熱球
フメツノネッキュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年03月15日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Immortal Pitcher  
上映時間
107分  

名投手沢村栄治の半生と日本プロ野球の誕生時代を描いたもので、「平手造酒(1954)」の菊島隆三が脚本を書き、「魔子恐るべし」の鈴木英夫が監督に当っている。撮影は「君死に給うことなかれ」の中井朝一。出演者は、「君死に給うことなかれ」の池部良と司葉子、「荒城の月(1954)」の滝花久子、清水将夫、「二十四の瞳(1954)」の笠智衆のほか、千秋実、藤原釜足、土屋嘉男、北沢彪などで、巨人第二軍が水原、三原、中尾、川上、千葉、筒井、平山、吉原、白石、中島、スタルヒンの諸選手に扮して試合場面に出場している。

スタッフ

製作
佐藤一郎
脚本
菊島隆三
監督
鈴木英夫
撮影
中井朝一
音楽
斎藤一郎
美術
北辰夫
照明
森茂
録音
亀山正二

ストーリー

昭和十一年七月、日本最初のプロ野球公式試合、巨人対阪神戦が行われ、巨人軍の沢村投手は人気を一身に集めていた。スタンドから彼を見守る美しい女性、米井優子と沢村はやがて交際を始め、次第に固く結ばれていった。昭和十二年、日支事変が勃発し、選手達を兵隊にとられ、プロ野球は打撃をうけた。九月、後楽園での対阪神戦のマウンドに立った沢村は、優子の姿が見えない為に、投球のコントロールを失ってしまった。一方、優子は夏休みで大阪の家へ帰り、プロ野球に無理解な父のきびしい監視の下にあった。入営前の最後の選手権試合に西下した沢村は、球場に来た優子と会い、誤解もとけ、結婚の約束をし、最後の試合に悔いのない好投をした。沢村の除隊を待つ優子は、父に結婚を強制され、沢村の手紙を握りつぶされ、ついに大連の叔父光雄の許に出奔した。昭和十四年、除隊した沢村は、巨人軍に復帰したが、彼の投球には昔の面影はなかった。暗い気持で合宿所へ帰ると、大連の叔父に連れられた優子が沢村の帰りを待っていた。野球に自信を失った沢村は優子も、投手もあきらめようとしたが、優子は愛情をこめてはげました。優子との結婚を機に、沢村は再び昔に勝る好調をとりもどした。昭和十六年、再び召集された沢村は、カムバックを誓って立ったが、三年後フィリッピンで戦死した。巨人軍は沢村の背番号十四を永久欠番とし、彼の功績をたたえている。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。