日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花嫁立候補(1955)
ハナヨメリッコウホ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

スタッフ・キャスト共に「やんちゃ娘行状記」に同じ。

スタッフ

製作
佐藤一郎
原作
長沖一
脚本
松浦健郎
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
松井八郎
美術
北川恵笥
照明
横井総一
録音
宮崎正信

ストーリー

都タイムズの駈出し記者草尾由季子は、張切っていたが、会社は崩壊寸前の危機に直面していた。泉編集長は、由季子に気のある若旦那の上山に資金を出させ都タイムズを乗取ろうと計っていた。資金集めに街をさまよっていた丸山社長は、学生易者石橋に金づるの在処を占ってもらった。金づるは見つからなかったが、石橋は社運を占うために、都タイムズに入社した。由季子、翼等は喜んで石橋の入社を迎えたが、社には債権者が大挙して押しよせ、不安な状態が続いた。泉編集長は上山と相談し、由季子に上山と結婚するように云えと石橋に命じた。また社員には石橋の占に出ていたので、丸山社長の首を切ろうというが、却って石橋に腹黒さを暴露された。上山は衆人注視の中で、由季子を口説こうとして、失敗して逃げ出した。都タイムズは社員で資本カンパをすることにし、石橋は街頭に立った。石橋は通りかかった由季子の親友美重に純情さを見込まれ、驚いて目を廻して倒れ、美重に介抱された。由委子と翼は、質屋をしている由季子の両親から、資本を借りるのに成功した。喜こんだ由季子は翼の花嫁に立候補した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。