日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

紋三郎の秀
モンザブロウノヒデ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月15日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

子母沢寛の小説を「恋風街道」の冬島泰三が脚色・監督し「美男天狗党」の太田真一が撮影に当る。主なる出演者は「伝七補物帖 黄金弁天」の高田浩吉、「慈悲心鳥」の角梨枝子と中山昭二、「明治一代女」の木暮実千代、「伝七補物帖 黄金弁天」の澤村國太郎、「残月一騎討ち」の高松錦之助などである。

スタッフ

製作
松本常保
企画
児井英生
原作
子母沢寛
脚本
冬島泰三
監督
冬鳥泰三
撮影
太田真一
音楽
上原げんと
美術
川村鬼世志
照明
湯川太四郎
録音
竹川昌男

ストーリー

常州笠間生れの秀五郎は二つ名前の紋三郎の秀とよばれ、賭場の恨みから、恋女房お静を御家人天野に殺された。秀五郎は天野を斬って房州へ旅立った。上総木下の親分魚屋の徳蔵は年老いて病いがちとなり、駈出しの彌太五郎に縄張りを荒されていたが、秀五郎はここに草鞋をぬいだ。祭礼でふと知りあったのがお静に瓜二つの娘お新。しかも彼女は彌太五郎の娘だった。徳蔵と彌太五郎の両家が大喧嘩になろうとした時、秀五郎は単身両家の間に立ち、知恵と度胸と水際立った居合抜で見事に収め、双方の和解が成立した。再び旅立つ秀五郎をお新が追いかけたが、互いに好きだとは口に出さぬ意地の道行となる。途中、御用の声に追われた秀五郎は血路を開いて単身落ちのびた。彼は秘かに生家を尋ねると、母親は死亡し、盲目の父親寛斎を親身に世話しているのはお新だった。そこへ天野の一味大場と橋立、かつて彌太五郎の用心棒だった鷺坂が、捕手の役人達と共に襲いかかった。乱闘の一夜は明け、悪浪人等は秀五郎の幼なじみの御用聞茂吉に捕われ、秀五郎は自首した。お新は彼の帰りを待っている。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。