日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春航路 海の若人
セイシュンコウロウミノワコウド

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年04月19日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

商船学校の生徒を書いた『平凡』連載の小説から「この世の花」の舟橋和郎が脚本を書き、「明日の幸福」の瑞穂春海が監督する。撮影は「石松と女石松」の佐藤三郎、音楽は「飛竜の門」の木下忠司の担当である。出演者は「越後獅子祭り やくざ若衆」の中村錦之助、「七変化狸御殿」の美空ひばり、「息子の縁談」の船山汎、「血槍富士」の田代百合子、「姉妹(1955)」の中原ひとみなど。

スタッフ

企画
坪井与福島通人小川三喜雄
脚本
舟橋和郎
監督
瑞穂春海
撮影
佐藤三郎
音楽
木下忠司
美術
森幹男
照明
入江進
録音
岩田広一

ストーリー

山里は名船長だった亡父の遺志をついで、商船士官たるべく商船学校の学生寮に青春の日を送っていた。だが寮生活の彼の周囲は、横井や森村等一部学生の放縦な態度に気分は乱れ勝ちで、一本気な山里はそれを嫌って一時は退学しようとさえしたが、先輩の一等航海士宮崎の叱陀を受けて、積極的に学内改革に乗り出そうと決心するのであった。宮崎の妹雪枝は、兄のアメリカ土産の万年筆を山里に贈って蔭ながら励ましていた。故郷の母康子の苦労を偲び、山里は港湾倉庫の夜警のアルバイトをしていたが、ある夜酔漢田岡に追われる芸者力丸を助けてやった時、山里はその万年筆を落し、力丸の家にも何処にも見当らなかった。次の夜山里は田岡の乾分達に襲われ、止むなく力丸に介抱をうけた。扨て強力に学内革新運動に立つ山里は、横井達が例の万年筆を所持してそれを盾に力丸との関係を追求し不信任を唱えたのには困惑した。雪枝すらもそれを誤解して彼に背を向けるのであった。こういう横井達の煽動により、山里は学内で不信を招き、思わぬ事態に希望を失ない故郷へ帰った。故郷で彼を待ち設けていたものは、母の死という悲しい不幸だった。葬いを終え虚脱した山里は、雪枝がその村に彼を訪ねて来たことも知らず、商船士官への夢も捨て一介の水夫たらんと呆然と町へ帰って来た。だが偶然出会った級友福田に強いられ教官緑川の許へ来た山里は、亡き父母の真意を汲む緑川の言葉に男泣きして再び寮へ帰ることになった。やがて商船学校教課総仕上げの駿河湾横断帆走の日が来て、同じヨットに乗った横井も彼のフェアなシーマンシップに動かされた。誤解もとけて桟橋へ駆けつけた雪枝の姿も見られた。やがて卒業前の遠洋航海に乗り出す日が来た。夢中で手を振る雪枝に、希望に充ちた山里が船上から答えた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。