日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大利根の対決
オオトネノタイケツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年04月10日 
製作会社
東京プロ 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Duel by the River  
上映時間
81分  

「明治一代女」の伊藤大輔の書きおろしの脚本を「紋三郎の秀」の冬島泰三が監督し、「愛すればこそ」の伊藤武夫が撮影に当る。出演者は「消えた中隊」の島田正吾、辰巳柳太郎、「隠密若衆」の花柳小菊、「愛のお荷物」の雨宮節子、「次郎長外伝 秋葉の火祭り」の藤代鮎子のほかに新国劇が総出演する。

スタッフ

製作
星野和平佐野博
脚本
伊藤大輔
監督
冬島泰三
撮影
伊藤武夫
音楽
佐藤勝
美術
川島泰三
照明
平田光治
録音
中野倫治

ストーリー

湯本の町、賭場で勝ち続けていた左腕のない渡世人朝吉は幽かに聞える弾き語りの三昧の音にひかれて座を立った。朝吉はそのお安の声が三年前死んだ女房お千代と生き写しなのに魅せられたのだ。朝吉はお千代が侍稲葉新吾に落籍される直前に一緒に故郷の小見川へ逃げたが、苦労をかけて死なせた事をお安に語った。お安の夫徳次郎は江戸の宮大工だが腕をいため養生に来、金に困って流しに出ていた。お安の話を聞き朝吉は金を出してやり、徳次郎の腕もお安の看病で殆ど直った。朝吉は賭場で負けた上に偽金を見破られ竹松、卯之等に追われ、出遇ったお安に別れの言葉を残して去った。竹松はお安から朝吉の行方を聞こうとし誤って殺して了った。徳次郎は朝吉を女房の仇と思い小見川へ行き、また竹松等も朝吉を追って来ていた。徳次郎は朝吉の子千代松をそれと知らず遊んでやったりした。お千代の命日に朝吉は家へ帰ったが、竹松等に追われお千代の墓の前へ逃げた。徳次郎は竹松等に朝吉を殺されてはと朝吉の側に立ったが突然島流しから帰ったばかりの新吾が現われ、竹松等は新吾にやられ徳次郎は卯之の最後の一言でお安殺しの真相を知った。新吾は朝吉に切りかゝったがお千代の墓標を見ると力なく立去った。徳次郎は朝吉父女に見送られて江戸へ帰った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。