日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伝七捕物帖 女郎蜘蛛
デンシチトリモノチョウジョロウグモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年04月19日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Vampire Spider  
上映時間
105分  

捕物作家クラブの四作家の小説による伝七捕物シリーズの一つで、「喧嘩奴」の柳川真一に岸生朗が共同して脚本を書き、同じく「喧嘩奴」の福田晴一が監督する。撮影は「八州遊侠伝 白鷺三味線」の片岡清、音楽は「この世の花」の万城目正の担当。出演者は「喧嘩奴」の高田浩吉、「哀愁日記」の草笛光子、「紋三郎の秀」の木暮実千代、「路傍の石(1955)」の須賀不二夫のほか、伴淳三郎、大原みゆき、戸上城太郎などである。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
原作
野村胡堂城昌幸陣出達朗土師清二
脚色
柳川真一岸生朗
監督
福田晴一
撮影
片岡清
音楽
万城目正
美術
川村鬼世志
照明
蒲原正次郎
録音
高橋太朗

ストーリー

伊豆の湯の町に、黒門町の伝七が獅子っ鼻の竹をお供に湯治に出掛けたが、町は近くの火薬庫爆発の騒ぎで警戒網が布かれていた。鶴屋に宿る伝七達も調べられたが何故か役人達の様子が可笑しい。而もその夜職人風の男が殺され、その現場から火薬の粉が見出されたので、伝七は何かあると睨んだ。翌日滞在中の掛川藩のお景の方が神社の参道の上りぞめをやると云うので伝七達も見物に出掛けたが、奥方は来ず、代参の老女生田が伝七と同宿の怪しい老人に合図を送るのを見た。その時鶴屋の女中お俊が駈けて行くのに出合ったが、父源兵衛が火薬庫放火の疑いを掛けられ親娘悲歎に暮れていると云う。伝七が調べてみると、昨夜殺された男は火薬庫の番人で、美しい女芸人お千代に打込んでいたのだった。そこで伝七は盛り場を探し廻って半四郎と密談しているお千代を見つけたが、ある淋しい場所で彼らを見失った折も折、断末魔の老侍が倒れて居り、伝七が見付けた時「月ケ瀬」と叫んで息絶えた。竹と二人で探ってみると半四郎はお景の方の宿「月ケ瀬」に出入りしている様子である。暫くしてお俊の家へ来ると、お俊は押入れに閉じこめられ父源兵衛はお千代と浪人相馬伊蔵らに脅かされ地雷を作らせられて何処かへ連れ出されたとのことだ。生田と半四郎にあやつられた殺人鬼伊蔵と、彼を熱愛するお千代の手により、掛川藩お家騒動にお景の方爆殺の地雷の導火線に火が点じられていたのだ。今や義憤とお俊への愛情に伝七は立ち上り、不正な者をあばくと同時にお景やお俊たちを救おうとする。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。